Matthew Caws マシュー・カーズ(G/Vo)
Daniel Lorca ダニエル・ロルカ(B/Vo)
Ira Elliot  アイラ・エリオット(Dr)

NYの高校の同級生だったマシュー・カーズ(Vo.& G.)とダニエル・ロルカ(B/Vo)はいくつかのバンドを経て1993年nada surfを結成。その後、アイラ・エリオット(Dr)が加入して1996年、Weezerなどのプロデューサーとして有名なリック・オケイセックを迎えてデビュー・アルバム『High/Low』リリース。“ポストWeezer”と賞されメディアの注目を一身に浴びた彼らであったが、その後現在に至るまでの道のりは決して平坦ではなかった。
2ndアルバム以降、紆余曲折ありつつも2002年発表の3rd『Let Go』や、4th『The Weight Is A Gift』などで、彼らの質の高い音楽性と精力的かつ誠実な活動展開に本国アメリカにおいて再び評価の気運が高まる。
そしていよいよ待望の5作目となる最新作「lucky」をリリース。
確かなキャリアと今なお瑞々しい感性に裏打ちされた至高のUSロック・バンドが、今回“NANO-MUGEN FES.2009”で待望の初来日。