1973年8月1日生まれ。東京都巣鴨出身。活動休止中のKICK THE CAN CREWのMC。

DJ TATSUTAらと共に16歳でRadical Freaksを結成。その後、アルファなどの若手HIP HOPアーティスト20人から成る「東京U家族」をオーガナイズするなど、アンダーグラウンドではすでに20年のキャリアを持つラッパー。KICK THE CAN CREWとして2001年5月にシングル『スーパーオリジナル』でメジャーデビュー。

以後、隔月の猛サイクルで怒涛のリリースラッシュながら、「クリスマス・イブRap」、「マルシェ」、「アンバランス」等、次々とヒットを記録。2002年大晦日NHK紅白歌合戦に初出場。

明けて2003年元旦にリリースしたメジャー2ndアルバム「magic number」は80万枚以上の大ヒットを記録。そして同年11月にリリースした『BEST ALBUM 2001-2003』はオリコンチャート1位を獲得。

その間にソロ活動として2002年には浜崎貴司をフィーチャリングしたシングル『幸せであるように』をリリース。

また、2003年12月にはHIP HOP界初の全国アリーナツアー(7ヶ所8公演)を行う一方、活動の頂点でありながら、2004年6月惜しまれながらもKICK THE CAN CREWの活動を一時休止。

2004年7月28日、再び浜崎貴司をフィーチャリングしたシングル「サーフライダー」で、ソロ活動を本格的にスタート。2005年3月9日には、敬愛して止まないTHE BOOMの宮沢和史とのコラボレーションシングル「ありがとう」をリリース。

そして遂に、2005年5月11日、Ryoji(ケツメイシ)、宮沢和史(THE BOOM)、175Rなど、ヒップホップ、ロック、ポップス、クラブ界から豪華アーティストが多数参加した初のソロ・アルバム『A Peacetime MCU』をリリースし、オリコンチャート6位を記録。その後9月にはPVをコンパイルしたDVDエディションを発売。

11月30日には伝説の渋谷公会堂のライブを収録したDVD「A Peacetime MCU−ONE NIGHT STAND 2005.6.23−」を発売。オリコンDVD(ミュージック)チャート9位を記録。

最近では役者としての活躍もめざましく2006年には映画「明日の記憶」、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」にも出演。

さらにテーマ曲「シーサイド・ばいばい」にも木更津キャッツアイ feat.MCUとして参加、オリコン1位を獲得。

2007年6月には2年ぶりとなる2ndアルバム「A.K.A」をリリース。前年の映画で話題となった「シーサイド・ばいばい」のMCU ver.を始め、セツナソングス3部作、地元巣鴨出身の同世代ラッパーやDJをフィーチャーしたHIP HOPサイド、デーモン小暮閣下とのコラボレーションにみられるMETALとRAPの融合も実現。続いて9月には、ソロ初のTOUR3公演を行い、大盛況のうちに幕を閉じる。

2008年には、デーモン小暮閣下の脚本、初監督を務めた映画「コナ・ニシテ・フウ」で初主演を飾る。

そして2009年は15歳からマイクを握って20年の年。満を持して1月sg「SUPERSTAR」をリリース。

USEN問い合わせが殺到し、話題沸騰のGLAYのTERUとのコラボチューン「STILL LOVE featuring TERU(GLAY)」を含む、ソロ3作目のアルバム「SHU・HA・RI~STILL LOVE~」を3月11日に発売。

さらに2009年8月29日、映画『20世紀少年−最終章−』に出演が 決まっている。

ラッパーとしてだけでなく、役者としての活動にも挑戦し、多方面で活躍が期待される、HIP HOP界の逸材。