little by little (リトル バイ リトル)



圧倒的な声の存在感をもつhidecoと極上メロディーメーカーtetsuhikoからなる「little by little」。

hidecoの一度聴いたら忘れる事の出来ない強烈な印象の歌声、 tetsuhikoの70年代ロックからダンスミュージック,さらにはJ-POPまで を包み込んだ幅広いサウンド・アプローチ、普遍性のある極上のメロディー・ライン。この3つの要素が“little by little”の音世界を作りだし ている。そして、「日常」を素直に綴った、胸にすっと入り込んでく る身近な詞の世界観も魅力のひとつと言えるだろう。