西野カナ

平成元年生まれ、三重県出身。
2008年にメジャーデビュー以降、リアルな恋愛観を綴った歌詞と、類まれな歌声が話題を集め、女性ファンを中心にブレイク。
またそのキュートなルックスから数々のファッション誌の表紙を飾るなど、ファッションアイコンとしても絶大な支持を集める。


2010年、セツナイ恋心を歌った失恋ソング「会いたくて 会いたくて」が500万ダウンロードを超えるヒットを記録し、
そのヒットシングルを収録した2ndアルバム「to LOVE」は、オリコンチャート1位を獲得、90万枚を超えるロングヒットとなった。


現在、楽曲のトータルダウンロード数は5500万DLを超えており、
昨今では、飾ることのないカップルの心温まる愛情を描いたラブソング「Darling」や、
なかなか男性に伝わりにくい女性の心を取り扱い説明書になぞらえて表現したヒットシングル「トリセツ」など、
その独特なリリック手法で、老若男女問わず、幅広い層より支持を集めるようになった。


2016年末には、シングル「Dear Bride」にて【第49回日本有線大賞】の大賞、シングル「あなたの好きなところ」にて【第58回 輝く!日本レコード大賞】の大賞を受賞。
2017年夏には、平成生まれの女性ソロアーティスト初となる東京・大阪ドーム公演を開催。


2018年はデビュー10周年を記念した全国ホールツアー・全国アリーナツアーを敢行。
本ツアーをもって47都道府県でのワンマンライブを達成した。
同年11月21日には、ベストアルバム「Love Collection 2 ~pink~」「Love Collection 2 ~mint~」の2枚を同時発売。
オリコン週間アルバムランキングで初登場1位、2位を獲得。
前作のベストアルバム以来の1位・2位独占となり、同一アーティストによる2度の1位・2位獲得はソロアーティスト史上初となる。
NHK紅白歌合戦への出場は9年連続9回目を数え、平成生まれの女性ソロアーティストとしては最多出場の快挙となる。