イル・ディーヴォ2年ぶり待望のニュー・アルバム日本先行発売決定!英語で歌う「花は咲く」をボーナス・トラックとして収録!

2013.09.05

世界中で圧倒的な人気を誇るモンスター・ヴォーカル・ユニット、イル・ディーヴォ2年ぶり待望のニュー・アルバム『ミュージカル・アフェア』が世界に先駆けて10月23日に日本で先行発売されることが決定した。また、日本盤ボーナス・トラックとしてNHK東日本大震災復興支援ソングの「花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM」が特別収録される。



唯一無二の存在、イル・ディーヴォ。世界初にして現在も最高のクラシカル・クロスオーヴァー・グループは、これまでにアルバムを2,600万枚売り上げ、50回以上ナンバーワンを獲得し、33ヶ国以上で160以上ものゴールド・ディスクおよびプラチナ・ディスク級の売り上げを記録し、4度のワールド・ツアーを行ってきた。2011年、日本においては、フジテレビ系ドラマ『外交官・黒田耕作』主題歌、映画『アンダルシア 女神の報復』、TOYOTA「アルファード」TVCMのトリプル・タイアップ曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を軸に新たなファンも獲得。2012年3月のジャパン・ツアーでは、日本のために日本語で「故郷」を熱唱し、日本人を勇気づけてくれた。


そして、2013年。2年ぶり6枚目のアルバムとなる『ミュージカル・アフェア』は、『オペラ座の怪人』、『レ・ミゼラブル』、『ウエスト・サイド・ストーリー』など、ブロードウェイ・ミュージカルにインスパイアされた曲を集めた初めての作品となる。さらに、日本盤ボーナス・トラックには、NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM」(作詞:岩井俊二/作・編曲:菅野よう子/英訳詞:ロジャー・パルバース)を特別収録する。なお、アルバムのリリースとともに、11月7日からNYブロードウェイのマーキス・シアターで期間限定公演を行うことも発表された。(アーティストと対面できるVIPパッケージなど、オフィシャル情報はすべてILDIVO.COMをご参照ください。)


ニュー・アルバム『ミュージカル・アフェア』は、「彼を帰して(ブリング・ヒム・ホーム)」(『レ・ミゼラブル』)、「トゥナイト」(『ウエスト・サイド・ストーリー』)など心を打つ名曲の数々を、イル・ディーヴォ流のロマンティックで情緒的な解釈と新たなアレンジと共に、ブロードウェイやポップス界でお馴染みのアーティストたちをデュエット・パートナーに迎えた意欲作。バーブラ・ストライサンドとのライヴ・デュエット「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」(『オペラ座の怪人』)、ニコール・シャージンガーとの「メモリー」(『キャッツ』)、ヘザー・ヘッドリーとの「愛を感じて」(『ライオン・キング』)など、その素晴らしい才能でアルバムに花を添えた。イル・ディーヴォの4人のメンバーは、ミュージカル・シアターに馴染みが深く、カルロスが『レ・ミゼラブル』が1993年にスペインで初演されたときにマリウス役を務め、デイヴィッドは2003年にブロードウェイで『ラ・ボエーム』のロドルフォ役を演じ、トニー賞7部門にノミネートされている。


スペイン出身のバリトン担当、カルロス・マリンのコメント
「これは素晴らしいサプライズになると思います。ファンの皆さんも、心から…心から喜んでくださると思います。曲はよく知られたものですが、サウンドとコンセプトを新しくしました。ブロードウェイでの公演も、僕たちにとっては全く新しく演劇的なものを試すチャンスになりますね」


また、日本ボーナス・トラックとして収録されるNHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM」は、7月にベルギーでレコーディングされ、そのレコーディング模様や独占インタビューが、2013年9月11日(水)(22:00~22:49)にNHK総合で放送予定の「花は咲くスペシャル~希望の歌声 東北から世界へ~」で紹介される。「花は咲く」は東日本大震災の被災地の復興を応援するために制作されたチャリティー・ソングで、作詞は宮城県仙台市出身の岩井俊二が手掛け、作曲・編曲はやはり宮城県仙台市出身の菅野よう子が担当している。2012年12月31日に行われた『第63回NHK紅白歌合戦』では、西田敏行・中村雅俊・森公美子・荒川静香・サンドウィッチマン・辻井伸行(ピアノ演奏)・菅野よう子(指揮)によりパフォーマンスされた。この楽曲の著作権料及び売上の一部は、NHK厚生文化事業団を通じて被災地に義援金として寄付される。なお、英語詞はロジャー・パルバースが担当した。


イル・ディーヴォを代表してデイヴィッド・ミラーは、今回の「花は咲く」プロジェクトに関して下記のようにコメントしている。
「4ヶ国の異なる国際的背景を持つイル・ディーヴォは、世界を音楽で繋ぐ「音楽の親善大使(musical ambassadors)」とよく呼ばれています。そんな僕たちが、今回「花は咲く」プロジェクトに参加させていただくことになり、大変嬉しく思います。僕たちの歌声が少しでも日本の皆さんのお役にたてるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。東日本大震災から2年半の月日が流れていますが、復興は道半ばと聞いております。僕らが歌った「花が咲く」を通じて、世界中の人たちがあの災害のことを忘れないことを願っています。僕たちはこれからも日本の皆さんと共に力強く歩んで行きたいと思います。」


イル・ディーヴォは、東日本大震災に見舞われた日本を勇気づけるべく活動してきたが、彼らの想いと祈りが「花は咲く」の美しい調べに乗って、ますます人々の心に届くに違いない。


■リリース(商品)情報■
世界が恋に落ちた。豪華絢爛なIL DIVO初のミュージカル・カバー・アルバム!
「ミュージカル・アフェア」
2013年10月23日日本先行発売
価格:初回生産限定盤(CD+DVD) \3,800(税込)/通常盤(1CD) \3,000(税込)
品番:初回生産限定盤(CD+DVD):SICP-30337~8/通常盤(1CD):SICP-30339
※日本盤のみBlu-spec CD2仕様
解説・歌詞・対訳付


■ボーナス・トラック楽曲情報■
花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM
作詞:岩井俊二/作・編曲:菅野よう子/英訳詞:ロジャー・パルバース

収録曲
(Disc 1)※初回生産限定盤、通常盤共通
1. メモリー(featuring ニコール・シャージンガー)(キャッツ)
2. 愛を感じて(featuring ヘザー・ヘッドリー)(ライオン・キング)
3. 彼を帰して(ブリング・ヒム・ホーム)(レ・ミゼラブル)
4. トゥナイト(ウエスト・サイド・ストーリー)
5. オール・アイ・アスク・オブ・ユー(featuring クリスティン・チェノウェス)(オペラ座の怪人)
6. 魅惑の宵(南太平洋)
7. どこへ行けばいいんだ(ドーランの叫び、観客の匂い)
8. リヴ・フォーエヴァー(ウィ・ウィル・ロック・ユー)
9. ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(回転木馬)
10. もしもあなたと別れるならば(キャメロット)
11. 愛はすべてを変える (マイケル・ボールand イル・ディーヴォ)(アスペクツ・オブ・ラヴ)
12. ミュージック・オブ・ザ・ナイト(バーブラ・ストライサンドwithイル・ディーヴォ)(オペラ座の怪人)[ライヴ録音]
日本盤ボーナス・トラック
13. 花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM* (英語版) [ NHK東日本大震災復興支援ソング ]
*この楽曲の著作権料、また売上の一部は、権利者の皆様のご厚意により、義援金としてNHK厚生文化事業団を通じて被災地に届けられます。


(Disc 2: DVD)
ドキュメンタリー「マジック・オブ・ミュージカル」(メンバーによる楽曲解説を含むインタビュー) 映像を収録予定。(収録時間約30分予定)

※通常盤はDisc1のみ

 

■バイオグラフィ■

グループ名の“IL DIVO(イル・ディーヴォ)”とは、神のようなパフォーマー、もしくは男性版ディーヴァを意味するイタリア語。メンバーは、アメリカ、フランス、スイス、スペイン出身という国際色豊かな4人。2004年11月のデビュー以来、これまでのアルバム・トータル・セールスが、全世界で2,600万枚以上を記録し、ナンバーワンを50回以上獲得し、33ヶ国以上でゴールドまたはプラチナ・ディスクに160回認定され、画期的なワールド・ツアーを4回にわたって行ってきた。スイス出身のテノール、ウルス・ブーラー、スペイン出身のバリトン、カルロス・マリン、フランスのポップ・アーティスト、セバスチャン・イザンバール、アメリカ出身のテノール、デイヴィッド・ミラーからなるインターナショナルなカルテットである。イル・ディーヴォは2003年に結成したため、今年のアルバムとそれに伴うコンサート・シリーズは、4人のシンガーたちにとって、一体となって成功を収めてきた10年のキャリアを記念する1つの金字塔となる。


■イル・ディーヴォ オフィシャルHP■

www.sonymusic.co.jp/ildivo

ILDIVO.COM


rss