イギリス出身。2010年、英人気組『Xファクター』でワン・ダイレクションを結成し、2011年にデビュー。トータル・セールス7,000万を超える史上最大のグループの一員として数々の1位と記録を打ち立て、2015年2-3月には脅威の20万人を動員したジャパン・ツアーを敢行。同年11月にリリースされた1Dとしての5作目『メイド・イン・ザ・A.M.』の直後の2016年3月、1Dの一時活動休止が報じられるが、2016年6月にはボブ・ディラン、アデル、ビヨンセ、ファレル・ウィリアムス等、ジャンルを超えて錚々たるアーティストたちを世に送り出してきた米名門レーベル米コロンビア・レコードとのソロ・アーティスト契約が報じられた。そして2017年4月7日、遂にソロ・デビュー・シングル「サインズ・オブ・タイム」がリリース。繊細なピアノ・イントロに始まり、情感溢れるエレクトリック・ギターと次第に高まっていくクワイアをバックに、ハリーの優しくエモ―ショナルなヴォーカルが美しく響く、雄大でドラマティックなロック・アンセムは、公開即日に84カ国のiTunesチャートで1位を獲得。そして遂に、世界待望のソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』が5月にリリースされ、米・英始め世界20カ国以上で1位を記録。9月には初の出演映画『ダンケルク』(http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/)が日本でも全国公開され大ヒットとなり、12月には初の単独来日公演も大盛況となった。そして2018年5月からはアリーナ級に規模を拡大した2度目のワールドツアーを敢行。5月には2度目の来日公演(東京・大阪)を果たす。