イギリス3大ハードコア・パンクの1つ、GBHが、ランシドの熱烈アプローチをうけついに電撃移籍!
78年の結成以来、一度の解散もなくパンク・ロックを掻き鳴らし続けるGBHは、世界中のパンク・キッズはもとよりパンク・アーティストからもビッグ・リスペクトをうけており、ランシドもしかり。「フェイヴァリット・バンド」と公言をするランシドからの長年のアプローチをうけ、このたび電撃移籍&なんと14年ぶりとなるオリジナル・アルバム『パフューム・アンド・ピス』発売決定!経験を重ねてなお加速度を増すそのスピード感と絶対的緊張感は、ランシドのラーズ(g,vo)プロデュースのもと、今作で大爆発した。全パンク・ファン必聴!