fumika

1989年12月16日生まれ
福岡県出身 A型 身長147CM






物心つく前から、両親が聴いていたカーペンターズ、ビートルズ、 ビリー・ジョエルや
シンディ・ローパーなど様々な音楽を浴びて育つ。3歳よりレッスンを受け始めたダンスで
6歳にして早くも舞台に立つ。音楽はいつも傍にあり、歌うということは自分に与えられた
使命であるかのように幼少時代を過ごす。

高校時代は、時には学校から遠ざかりながらもひたすらダンスやヴォイストレーニ ングに
打ち込み、地元福岡の警固公園でギター1本で歌っていた。

転機は2010年。クリエイター集団アゲハスプリングスがトータルプロデュースを 手掛けた
第1回レコチョク オーディションで10000人を超える応募者の中から抜群の歌唱力でグラン
プリを獲得し、2011年6月「アオイトリ」(テレビ東京系アニメ「BLEACH」エンディングテーマ)で
デビュー。 147cmの身体から発せられるその壮大で力強い唄声は評判を呼び、 同年9月には
映画「はやぶさ/HAYABUSA」(製作:20世紀FOX、監督:堤幸彦、主演:竹内結子、西田敏行)
の主題歌として新人では異例の大抜擢を受け、2nd Single「たいせつな光」をリリース。
ともにfumikaが掲げていた「夢を諦めない信じる気持ち」がテーマとなっており、 説得力を
増すその歌声によって確実な支持者を得た。

そして作品ごとにシンガーとしてだけでなく、自らも作詞をする事で より等身大の自分を
表現していきたいという意欲のもと、2012年涙ソング3部作 と題したプロジェクトを始動。
自分の心が震えた時、あらゆる場面で流してきた涙を、素直に、あくまでも前向きに描いていく。