フォールズ

 

 

FOALS:

(L→R)

Edwin Congreave (Key)
Jack Bevan (Dr)
Yannis Philippakis (Vo/G)
Jimmy Smith(G)

英オックスフォード出身、ヤニス・フィリッパケス(Vo/G)を中心とした現在4人組のロックバンド、フォールズ。

プロデューサーにデヴィッド・シーテック(TVオン・ザ・レディオ)を迎え制作されたデビュー・アルバム『アンチドーツ(解毒剤)』(2008年)は全英アルバム・チャート初登場3位を獲得。

その後発売された<2nd AL>『トータル・ライフ・フォーエヴァー』(2010年)、<3rd AL>『ホーリー・ファイア』(2013年)、<4th AL>『ホワット・ウェント・ダウン』(2015年)を含む、全オリジナル・アルバムが、全英チャートにてTOP10入りを果たしている。

ゼロ年代から「非オーソドックス」を探求し続け、この10年の間に、フォールズは海外大型フェスティヴァルのヘッドライナーを飾る唯一無二なバンドへと進化を遂げ、2019年、共通のテーマ、アートワーク、タイトルをもつ、2枚の新作『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト』を発表することをアナウンス。

その「パート1」が2019年3月8日に全世界で発売となり、8月開催のサマーソニックでのステージでは圧倒的なライブを披露。そして「パート2」が10月23日に日本盤発売決定。「2発目の爆薬」と自ら表現するキャリア最高傑作とともに、6年ぶりとなる待望の日本単独ツアーが2020年3月に決定した。