敏腕プロデューサー、マイケル・バスケットがほれ込んで彼等のデモを無償でレコーディング。そのデモがラジオ局でヘヴィ・ローテーションとなりデビュー前にもかかわらずライヴ会場にオーディエンスが殺到&やむを得ず1日2回のショウを行ったという逸話を持つエスケイプ・ザ・フェイトが2ndアルバムをドロップ!
デビュー後のハード・ツアー中、ヴォーカリストの脱退で一時はバンドの存続さえ危ぶまれたが、元BLESSTHEFALLのクレイグ(vo)を迎え入れたバッド・ボーイズ達はパワーアップして帰還!プロデューサーにジョン・フェルドマン(STORY OF THE YEARなど)を迎えて作られた、情熱溢れるロック・アルバム!