エルヴィス・プレスリーが完全復活を遂げた伝説のTV番組『'68カムバック・スペシャル』の50周年を記念した特別番組『エルヴィス・オールスター・トリビュート』が米NBC TVで放映決定! その放映にあわせて、『ベスト・オブ・ザ・'68 カムバック・スペシャル』もリリース!

2019.01.10

『エルヴィス・オールスター・トリビュート』は 2019年2⽉17 ⽇(⽇)午後9 時(⽶東海岸時間)にNBC TVで放映される。司会はブレイク・シェルトン。1968年12月3日にNBC TVで放映された『'68カムバック・スペシャル』の50 周年を記念し、NBC とAEG アーリッチ・ベンチャーズのケン・アーリッチがオールスターによるトリビュートを制作。エド・シーラン、ジョン・レジェンド、ジェニファー・ロペス、キャリー・アンダーウッド、ショーン・メンデス、ジョシュ・グローバン、アダム・ランバードなどなど、⾳楽界のスーパースターを総動員し、あの伝説と化した夜のスペクタクルを演出にいたるまで再現。2 時間の特番では楽曲のパフォーマンスに加え、エルヴィスのレアな映像や、プリシラ・プレスリーや監督のスティーヴ・ビンダーといった特番に携った人々のインタビューも披露される予定。

 

●番組で披露される楽曲とアーティストは以下の通り

「Trouble/Guitar Man」 Blake Shelton

「Hound Dog」 Shawn Mendes

「Burning Love」 Keith Urban

「Baby, What You Want Me to Do」 Keith Urban & Post Malone

「Jailhouse Rock」 John Fogerty

「Can’t Help Falling in Love」 Ed Sheeran

「Always on My Mind」 Kelsea Ballerini

「Heartbreak Hotel」 Jennifer Lopez

「One Night」 Darius Rucker

「Suspicious Minds」 Blake Shelton

「Love Me Tender」 Alessia Cara

「Memories」 Mac Davis

「A Little Less Conversation」 John Legend

「Are You Lonesome Tonight」 Little Big Town

「Blue Suede Shoes」 Adam Lambert

「Love Me」 Pistol Annies

「Hits Medley (That’s All Right, Don’t Be Cruel, Blue Suede Shoes)」 Mac Davis, Post Malone, Little Big Town, Darius Rucker & Blake Shelton

「Gospel Medley (How Great Thou Art, He Touched Me, You’ll Never Walk Alone」  Carrie Underwood & Yolanda Adams

「Little Sister」 Dierks Bentley

「It’s Now or Never」 Josh Groban

「If I Can Dream」 Elvis Presley, Post Malone, Shawn Mendes, Darius Rucker, Blake Shelton, Carrie Underwood

 

その放映にあわせて、ソニー・ミュージックでは『ベスト・オブ・ザ・'68 カムバック・スペシャル』をリリースすることも発表された。エルヴィスの⻑年のファンにとっても、入門者にとっても理想的なこの『ベスト・オブ・ザ・'68 カムバック・スペシャル』は、きたるトリビュートのインスピレーションとなったエルヴィスの⾳源やパフォーマンスから構成されており、伝説のエンディング曲「明日への願い」の新しい特番で披露される新しいヴァージョンを擁する。エルヴィスのオリジナルのヴォーカルが、5 ⼈のポップおよびポップ・カントリー・アーティストの新たなパフォーマンスと共演するというものである。アルバムには1968 年の放映⽤に収録された「スタンダップ」および「「シット・ダウン」ショウからエルヴィスのパフォーマンスを15 曲分、そして新しい特番に登場する楽曲を代表して、3曲のオリジナル・スタジオ録⾳がフィーチャーされる。1968 年6 ⽉に数回のセッションにわたって収録されたオリジナルの特番は、エルヴィスが⾃⾝にとって最も⼤切な曲を歌った、1961 年以来初のライヴ・パフォーマンスだった。1968 年12 ⽉3 ⽇に放映されたとき、同特番はその週最も視聴率の⾼いテレビ番組となり、ポピュラー・ミュージック界の原動⼒としてのエルヴィスの⽴場を改めて確⽴させた。

 

新しいTV特番は、「明日への願い」のフィナーレ演奏にて幕を閉じる。これは、1968 年に⾏われたエルヴィスのオリジナル歌唱に、5 ⼈のスーパースター・アーティストたちが新たにヴォーカルを加えたもので、『ベスト・オブ・ザ・'68 カムバック・スペシャル』のボーナス・トラックとして収録される。

 

 

「明日への願い」の参加した5 ⼈のスーパースター・アーティストたち

●キャリー・アンダーウッド:

2005年、アメリカン・アイドルのシーズン4で優勝し、2007年のグラミー賞で最優秀新人賞を受賞、合計7度グラミー賞受賞歴のあるカントリー界のデイーヴァ。

現在これまで全世界において6,400万枚のアルバムを売り上げ、26曲のNo.1シングルを獲得している。

 

●ショーン・メンデス:

カナダのトロント出身の現在20歳のシンガー・ソングライター。 2015年のデビュー・アルバム『ハンドリトゥン』から2018年のサード・アルバム『ショーン・メンデス』まで3作連続で全米1位を獲得。

アルバム・セールスは1,500万以上、シングル・セールスは1億以上を記録。若い世代を中心に絶大な人気と影響力を持つアーティスト。

 

●ポスト・マローン:

ラッパーでありながら、シンガー・ソングライター、レコーディング・プロデューサー、ギタリスト等、様々な才能を持つ、現在23歳のアーティスト。2016年にリリースしたデビュー・アルバム『ストーニー』で、いきなりプラチナム・ディスクを獲得。

世界で30億回ストリーミングされ“新人として最もストリーミング再生されたアーティスト”に認定されるなど、今、世界が最も注目するラッパーのひとり。

 

●ダリウス・ラッカー:

1990年代に多くのヒットを放ったロック・バンド、フーティー&ザ・ブロウフィッシュのヴォーカリストとしてデビュー。2002年にR&B歌手としてソロ・デビュー。

その後、本来の彼の志向だったカントリーに転向、多くのヒット・アルバムを放ち、黒人カントリー・シンガーとしての人気を不動のものにしている。

 

●ブレイク・シェルトン:

グラミー賞に5度のノミネート実績のある人気カントリー・シンガーソングライター。2001年のデビュー・シングル「Austin」はカントリー・チャートで5週連続一位を獲得。

その後も、数々のアルバムが大ヒットを記録。2017年『ピープル』誌の選ぶ最もセクシーな男の栄冠に輝くなど、今もっと旬なカントリー・シンガー。

 

 

■番組は詳細はこちら

https://www.elvisthemusic.com/elvis-presley-all-star-tribute-best-of-68-comeback-special/

 

■アルバム『ベスト・オブ・ザ・'68カムバック・スペシャル』(音源) iTunes予約リンク

https://itunes.apple.com/jp/album/id1447675271?at=10lpgB&ct=886447348918_al&app=itunes

 

 

|商品情報|

『ベスト・オブ・ ザ・'68カムバック・スペシャル/エルヴィス・プレスリー』 [1CD]

(The Best Of The '68 Comeback Special / Elvis Presley)

発売予定日:輸入盤:2019年2月15日 (金)/ 日本盤:2019年2月27日(水)

 

|収録曲|

01. トラブル / ギター・マン (オープニング)

02. ハートブレイク・ホテル(「スタンダップ」ショウ①より)

03. ハウンド・ドッグ(「スタンダップ」ショウ②より)

04. 恋にしびれて (「スタンダップ」ショウ②より)

05. 好きにならずにいられない(「スタンダップ」ショウ②より)

06. 監獄ロック (「スタンダップ」ショウ②より)

07. 冷たくしないで (「スタンダップ」ショウ①より)

08. ブルー・スエード・シューズ (「シット・ダウン」ショウ②より)

09. ベイビー、ホワット・ユー・ウォント・ミー・トゥ・ドゥ (「スタンダップ」ショウ①より)

10. 今夜はひとりかい? (「シット・ダウン」ショウ①より)

11. ワン・ナイト (「シット・ダウン」ショウ②より)

12. ラヴ・ミー・テンダー (「スタンダップ」ショウ①より)

13. トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー (「シット・ダウン」ショウ②より)

14. ラヴ・ミー (「シット・ダウン」ショウ②より)

15. メモリーズ

 

<ボーナス・トラック>

16. ア・リトル・レス・カンヴァセーション

17. サスピシャス・マインド

18. バーニング・ラヴ

19. 明日への願い(エルヴィス・プレスリー、キャリー・アンダーウッド、ショーン・メンデス、ポスト・マローン、ダリウス・ラッカー、ブレイク・シェルトン)※未発表曲

 

トラック 1-15:1968 年6 ⽉、エルヴィスのNBC テレビ特番⽤にウェスタン・レコーダーズ (カリフォルニア州ハリウッド)およびNBC スタジオ(カリフォルニア州バーバンク)にて録⾳

トラック 16:1968 年3 ⽉、ウェスタン・レコーダーズ(カリフォルニア州ハリウッド)にて録⾳

トラック 17:1969 年1 ⽉、アメリカン・サウンド(テネシー州メンフィス)にて録⾳

トラック 18:1972 年3 ⽉、RCA スタジオ(カリフォルニア州ハリウッド)にて録⾳

トラック 19:2018 年10 ⽉、ユニバーサル・スタジオ(カリフォルニア州ユニバーサルシティ)にて録⾳


rss