デイリー・リビング~ライヴ・アット・ザ・ブルーノート
2006.05.24
アルバム
¥2,400+税
SICP-1065
衝撃のデビューから1年、圧倒的な才能が本格的に覚醒!
購入・ダウンロード

>

試聴

What Is This Thing Called Love

DISC 1

  • 1. What Is This Thing Called Love

  • 2. Someday

  • 3. You Don't Know What Love Is (featuring Chris Botti)

  • 4. Daily Living

  • 5. Dat Dere

  • 6. Besame Mucho

  • 7. Straight No Chaser (featuring Roy Hargrove)

  • 8. Sincerely

  • 9. Chronicle

  • 10. Take The A Train

衝撃のメジャー・デビュー・アルバムから1年、全米のジャズ・メディアが絶賛する若き天才ピアニストの鮮烈なセカンド!旧ソ連のキルギス共和国出身のジャズ・ピアニスト、現在18才。2005年春に第一弾アルバム『エルダー』をリリースするやいなや、圧倒的なテクニックと豊かな音楽性が同居するデビュー作に本国アメリカはもちろん、世界各国のメディアが惜しみない賛辞を送った。待望のセカンド・アルバムは2005年10月にニューヨークの名門ジャズ・クラブ、<ブルー・ノート>で行われたライヴ録音。自身のトリオに加え、ゲストにロイ・ハーグローヴ、クリス・ボッティという実力派トランペッターを加え、スタンダード・ナンバーから自作曲にいたるまで幅広いレパートリーでその非凡な才能を存分に披露している。


購入・ダウンロード

×

CDを購入