1975年11月26日生まれ、米ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。本名カリッド・カリッド。現在アメリカで最も人気と影響力を誇る、人気DJ/プロデューサーの一人。1992年、17歳の時に地元のレコードショップ、”オデッセイ”で働きながらDJとしての活動をスタート。1998年に人気ヒップホップ・グループ、”テラー・スクワッド”に参加。1999年にリリースされたデビュー・アルバム「ジ・アルバム」は全米R&Bアルバム・チャートでいきなり4位を獲得し、2003年からは現在もホストを務めるマイアミNo.1の人気アーバン・ラジオ番組『WEDR』にホストDJとしも活躍。以降、マイアミを代表するDJとして全米へ知名度を拡大。プロデューサーとしても活躍し、初期の代表的な作品としてファボラス「リアル・トーク」、ファット・ジョー「ミー、マイセルフ & アイ」が知られる。これまで9枚のアルバムをリリースしており、2016年にリリースされた『メジャー・キー』は自身初の全米チャート1位を獲得。その愛すべきキャラクターとポジティブな名言でインスタグラム/スナップチャットの王様としても知られ、現在は多くの学校や企業などからの講演オファーが相次いでおり、影響力は全世界に拡大しつつある。2017年に入ってからはジャスティン・ビーバー、クエヴォ (ミーゴス)、チャンス・ザ・ラッパー、リル・ウェインを一同に集結させた「アイム・ザ・ワン」が全米/全英を含む、全世界53か国で1位を獲得。続いてリリースされた「ワイルド・ソーツ」ではリアーナ、ブライソン・ティラーを迎え、2000年にリリースされたサンタナの大ヒット曲「マリア・マリア ft.ザ・プロダクトG&B」をサンプリング。この楽曲も全世界10か国で1位を獲得し、優勝者に1万ドルをプレゼントするダンスコンテスト<#WILDTHOUGHTSCONTEST>も大きな話題を集めている。その強力シングル2曲を収録した10枚目となる最新アルバム『グレイトフル』はジャスティン・ビーバー、リアーナ、ビヨンセ、ジェイ・Z、アリシア・キーズ、カルヴィン・ハリス、ニッキー・ミナージュ、ナズなどDJキャレドのコネクションを最大限に活かした、豪華アーティスト40組以上を集結させ全世界26か国で1位を獲得した。本作にはアルバム制作のきっかけとなった生後9か月の愛息子アサドがエグゼクティブ・プロデューサーを務めたことが話題となった。2018年に入ってからは1歳となったアサドから再びインスパイアを受けた11枚目のアルバム『ファーザー・オブ・アサド』をリリースすることを発表、3月2日にビヨンセ、ジェイ・Z、フューチャーを迎えたアルバムからの第一弾シングル「トップ・オフ」をリリースし、4月9日には第二弾シングルでデミ・ロヴァートのコラボ曲「アイ・ビリーヴ」をリリース、この楽曲はディズニー新作映画『A Wrinkle in Time/ア・リンクル・イン・タイム』の挿入歌にも抜擢され話題となった。