キューバ(ハバナ)生まれ、メキシコ~マイアミ育ちのアメリカ人シンガー/ソングライター(現在20歳)。

2012年にオーディション番組『Xファクター』(アメリカ版)に出演し、ガールズ・グループ<フィフス・ハーモニー>を結成。2013年にデビューし、『リフレクション』(2015年)『7/27』(2016年)の2作に参加。『7/27』からのシングル「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」は、全米シングル・チャート最高4位、トリプル・プラチナム・セールス(300万)に認定、ミュージック・ビデオの総再生が15億回を超える大ヒットを記録。2016年7月には日本滞在約52時間という弾丸初来日を果たし、『ミュージックステーション』を始め多くのメディアに出演。同年のMTV<VMAJ 2016>で「最優秀洋楽グループ・ビデオ賞」、2017年<第31回日本ゴールドディスク大賞>で「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)を授賞するなど、全世界ブレイクを果たした。

グループ在籍時から、2015年にショーン・メンデスとの共作・デュエット・シングル「アイ・ノウ・ホワット・ユー・ディド・ラスト・サマー」が全米トップ20ヒット、2016年にマシン・ガン・ケリーとの共作・デュエット・シングル「バッド・シングス」が全米最高4位を記録し、米『タイムズ』誌による「2016年世界で最も影響力のあるティーン30人」にも選出されるなど、個人としても活躍。

2016年12月に<フィフス・ハーモニー>を脱退後、米Epic Recordsとソロ契約。翌年3月には『ビルボード』誌の表紙を飾り、同年7~8月にはブルーノ・マーズ北米ツアーのサポート・アクトに抜擢。また、映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』サウンドトラック収録曲、ピットブル&J・バルヴィン「ヘイ・マ feat.カミラ・カベロ」や、メジャー・レイザー「Know No Better feat. Travis Scott, Camila Cabello & Quavo)」といった楽曲でのトップ・アーティストとの共演を重ね、2017年5月、シーア、ベニー・ブランコ(エド・シーラン/ジャスティン・ビーバー他)とカミラの共作による「クライング・イン・ザ・クラブ」で本格ソロ・デビュー。同月にジェシー・シャトキン(シーア/ワン・ダイレクション他)、ビビ・ブレリー(リアーナ/アッシャー他)とカミラの共作曲「アイ・ハヴ・クエッションズ」、8月にチャーリーXCX、ヌーニー・バオ(ケイティ・ペリー他)とカミラとの共作、スターゲイトによるプロデュース曲「OMG feat. クエヴォ」、さらに、ファレル・ウィリアムス、ヤング・サグ、アリ・タンポジ(ビヨンセ/ワン・ダイレクション他)とカミラとの共作、フランク・デュークス(カニエ・ウェスト/リアーナ他)プロデュースによる最新シングル「ハバナ feat. ヤング・サグ」を立て続けに発表。「ハバナ feat. ヤング・サグ」は、全米週間シングル・チャート<ビルボート HOT100>計7週2位(11/18-12/16+1/13-20付)を経て1位(1/27)、全米iTunes総合シングル・チャート最高1位、全英週間シングル・チャートでは2011年のアデル「サムワンズ・ライク・ユー」に並ぶ5週連続1位(11/3-12/1)、Spotifyトップ50(グローバル)で1位を記録し、全世界トータルのビデオ総再生11億回、楽曲総再生は9億回を突破。さらに、1月12日(金)に世界発売となった初のフル・アルバム『カミラ』が、ソロ・デビュー作としては史上最多となる100カ国のiTunesで最高1位、全米週間アルバム・チャート<ビルボード200>で同週のシングル・チャートと同時に1位に輝くという空前の世界的ヒットを記録。

また、これまでにBillboard Music Awards、LATIN American Music Awards、LATIN Grammy Awards、MTV Europe Music Awards、Billboard Woman In Musicなどといった世界的アワードで披露したパフォーマンスの面でも世界中を魅了し続けている。
(2018年1月末現在)