モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550&第25番ト短調K.183【Blu-spec CD2】
2012.12.05
アルバム
¥1,800+税
SICC-30002
ベスト・クラシック100<2>次世代高品質CD『Blu-spec CD2』を採用
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. 交響曲第40番ト短調K.550 第1楽章 モルト・アレグロ
  • 2. 交響曲第40番ト短調K.550 第2楽章 アンダンテ
  • 3. 交響曲第40番ト短調K.550 第3楽章 メヌエット:アレグレット 
  • 4. 交響曲第40番ト短調K.550 第4楽章 フィナーレ:アレグロ・アッサイ
  • 5. 交響曲第25番ト短調K.183 第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ
  • 6. 交響曲第25番ト短調K.183 第2楽章 アンダンテ
  • 7. 交響曲第25番ト短調K.183 第3楽章 メヌエット
  • 8. 交響曲第25番ト短調K.183 第4楽章 アレグロ
世紀の名指揮者ブルーノ・ワルターがウィーン・フィルを振ってモーツァルトの2つのト短調交響曲を演奏した、まさしくエヴァーグリーンな名演です。戦後の復帰演奏会の感動の記録となるものです。ワルターは戦前の名指揮者たちの中では珍しく、ステレオによるスタジオ録音を多くのこしており、40番はコロンビア交響楽団とのステレオ録音が残されているわけですが、多少の録音の悪さなど、「ワルターがウィーン・フィルを振ってモーツァルトを演奏」という事実の前には障害にはなり得ないでしょう。「40番」における弦のポルタメント、「25番」における造型の厳しさと迫力は、まさに空前絶後の名演といえましょう。

■Blu-spec CD2
■DSD マスタリング


購入・ダウンロード

×

CDを購入