1973年、高校生だったスティーブ“リップス”クードゥロー(ヴォーカル・ギター)と
ロブ・ライナー(ドラム)は出会い音楽一緒にやるようになる。


1978年リップスとロブに加え、デイブ・アリソン(ギター)と
イアン・ディクソン(ベース)が参加し“LIPS”が結成される。


1981年、同バンドはインディから“Hard ‘N Heavy”というアルバムをリリース。

その後すぐアティック(レーベル)と契約し,バンド名をANVILに改名しデビュー・アルバムをリリース。


ジューダス・プリーストらをプロデュースしたクリス・タンガリーズがプロデュースした
アルバム「Metal on Metal」が日本でも認知され、1984年、西武球場で行われた
“SUPER ROCK’84 INJAPAN”にボン・ジョヴィやスコーピオンズ、ホワイトスネイク
マイケル・シェンカー・グループとともに出演(初来日)。

そこに出演したバンドは、全て100万枚以上売れる世界的なバンドとなっていった
ただし、ANVILを除いては。1987年、ANVILは米国のメタル・ブレイドと契約し
“Strength Of Steel”を始めとする3枚のアルバムをリリースし、同アルバムは
ビルボードチャートで191位にランクイン、ANVILで一番売れたアルバムとなる。

その後2,3のレーベルを転々とし、2001年の“Plenty of Power”ツアーでは
お客さんが全くいない会場でもプレイしていた。

彼らは決して諦めてはいなかった。2006年、82年のアルバム“Metal on Metal”をプロデュースした
クリス・タンガリーズと再びタッグを組み“This is Thirteen~夢を諦めきれない男たち~”という
アルバムを家族から借金をして、自主制作レコーディング。

同年日本で行われた“LOUD PARK”に参加し、待望の再来日を果たす。


ANVILのドキュメント映画“アンヴィル!夢を諦めきれない男たち”が
2009年全米、全英で公開となり、社会現象となる程の絶賛を浴び


2010年4月、映画の一部舞台ともなる日本でのDVD発売に伴い話題となっている。