東野圭吾原作・三池崇史監督・櫻井翔主演映画『ラプラスの魔女』主題歌がアラン・ウォーカーの世界的大ヒット曲「フェイデッド」に決定!

2018.03.06

弱冠20歳にしてYouTube総再生数27億回以上を誇る次世代プロデューサー=アラン・ウォーカーの代表曲「フェイデッド」が、5月4日に公開される東野圭吾原作・三池崇史監督・櫻井翔主演映画『ラプラスの魔女』の主題歌に決定し、同楽曲を乗せた30秒の最新特報映像が本日解禁となりました。

 

●『ラプラスの魔女』最新特報映像URL


https://youtu.be/DpI3nxq52Bk

ノルウェー出身、弱冠20歳のアラン・ウォーカーは、今世界の音楽シーンで最も注目されている次世代プロデューサーの一人であり、2015年に発表した「フェイデッド」をきっかけに世界的にブレイク。同曲はドイツやスウェーデン、スイス、オーストリアの年間チャートで1位を獲得したほか、全英週間シングル・チャート、及び全米ホット・ダンス/エレクトロニック・チャートでもトップ10入りを記録し、これまで全世界トータルの楽曲再生数18億回、ミュージック・ビデオ再生数15億回を突破。2017年にイギリスのグラミー賞とも称される<BRIT AWARDS>にて「最優秀ブリティッシュ・シングル賞」にもノミネートされるなど、数々の快挙を成し遂げています。
また、アランはここ日本でも、2017年12月に行われた初来日公演はソールドアウト、同月に日本限定でリリースされた配信限定EP『ALAN WALKER HITS EP』はiTunesダンス・アルバム・チャートで1位を獲得。また、最新シングル「オール・フォールズ・ダウン with ノア・サイラス&デジタル・ファーム・アニマルズ」は、日本iTunesダンス・チャートで最高2位、mora洋楽シングル・チャート1位を記録するなど、人気急上昇中です。


●「フェイデッド」ミュージック・ビデオ視聴URL


https://www.youtube.com/watch?v=60ItHLz5WEA

『ラプラスの魔女』は、2015年に執筆30周年を迎えた東野圭吾が発表したベストセラー小説『ラプラスの魔女』を、鬼才・三池崇史監督により実写化された作品。謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介役には、4年振りの映画単独主演を務める櫻井翔、自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には広瀬すず、そして円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人には福士蒼汰と、人気絶頂の俳優3人が初共演を果たしているほか、豊川悦司、玉木 宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀 れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOなど、超実力派の豪華キャストが集結している。

「フェイデッド」で “Where are you now? / あなたはどこにいるの?”と切なく響く歌詞は、羽原円華を始めとした映画の登場人物たちの心情、そして作品の世界観と見事にリンク。アラン・ウォーカーが映画に楽曲を提供するのは、今回が世界初となります。

今回の主題歌の決定に際し、広瀬すず、三池崇史監督、臼井真之介プロデューサーからコメントが寄せられている。

 

<広瀬すず コメント>
音楽が入った事で、登場人物達の人間味を感じられました。あと、切なさがありました。
すごく繊細でなんか落ち着いてしまうような雰囲気でもあり、、すごく素敵です!!

<三池崇史 コメント>
真に革新的なものは、優しさをもってすべてと解け合う。
東野圭吾とアラン・ウォーカーの織りなす奇跡の魔術をお楽しみ下さい。

<臼井真之介プロデューサー コメント>
登場人物たちが追う事件の先に待つ、未来への壮大なテーマを提示して終結する本作のラストに、どんな音が鳴っているべきなのか、三池監督と模索し続けていた中で、この「FADED/フェイデッド」と出会いました。抒情詩のようなドラマティックな旋律に込められた、切なく心に語りかける歌声で、すでに世界中で何十億人という人々を魅了しているこの楽曲。初めてエンドロールに当てた時、青江の円華への憂い、円華の謙人への想い、謙人の家族への願い、そんな彼らの心情と歌詞が見事にシンクロし、この曲以外考えられませんでした。世界中を熱狂させる次世代のアンセムとのこの奇跡の出会いが、本作を全く新しい景色に導いてくれると確信しております。


アラン・ウォーカーは、5月12日(土)・13日(日)に開催される、 世界最大規模の動員数を誇るダンス・ミュージック・フェスティバル「EDC Japan 2018」への出演も決定。初の映画主題歌決定と再来日を記念し、日本独自企画盤EP『フェイデッド・ジャパン・EP』が国内盤CD、及び配信でリリースされることも決定しました。今後のアラン・ウォーカーの動向から益々目が離せません。


【『ラプラスの魔女』作品概要】
●出演: 櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO /玉木宏  
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 
●監督: 三池崇史
●脚本 八津弘幸
●原作: 東野圭吾「ラプラスの魔女」 (角川文庫 刊)
●配給: 東宝(株)
●制作協力: 楽映舎
●製作プロダクション: 東宝映画 OLM
●撮影期間: 2017年3月中旬~4月末 (東宝スタジオほか)
●公式サイト: http://laplace-movie.jp/  
●公式Twitter: https://twitter.com/laplace_movie @laplace_movie #ラプラスの魔女
●コピーライト: ©2018 「ラプラスの魔女」製作委員会

 


【アラン・ウォーカー: リリース情報】
日本独自企画盤
『Faded Japan EP | フェイデッド・ジャパン・EP』
2018年4月25日(水)発売予定

 

<国内盤CD(全7曲)>
1500円+税 /歌詞・対訳付き
トラックリスト
01. Faded | フェイデッド
02. Alone| アローン
03. Tired (Alan Walker & Gavin James) | タイアード (アラン・ウォーカー&ギャビン・ジェームス)
04. The Spectre | ザ・スペクター
05. Sing Me To Sleep | シング・ミー・トゥ・スリープ
06. Routine (Alan Walker & David Whistle) | ルーティーン (アラン・ウォーカー&デヴィッド・ホイッスル)
07. Faded (Tiësto’s Northern Lights Remix) | フェイデッド(ティエストズ・ノーザーン・ライツ・リミックス

<配信(全7曲)>
2018年4月25日(水)配信予定

【アラン・ウォーカー: 来日情報】
EDC Japan 2018
●日程: 2018 年 5 月 12 日(土)・13 日(日)
●場所: ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園 EDC 特設会場
●時間: 12 時開場、12 時開演予定
●「EDC Japan」公式WEBサイト: http://japan.electricdaisycarnival.com/

【関連サイト】
●海外オフィシャル・サイト: http://alanwalker.no/


rss