ジャスティン(vo)脱退

2004.12.24

今年のサマーソニックではロックステージのトリをつとめた我らがゼブラヘッドから、残念ながらジャスティン(vo)の脱退が明らかとなりました。
ジャスティンからのオフィシャル・ステイトメントは出ていませんが、ゼブラヘッド側からの発表によると、ジャスティンの脱退理由は「音楽的相違」のためで、今後彼は自身の他バンドに専念するそうです。
また、残りのメンバーは現在ニュー・ヴォーカリストをオーディション中で、決まり次第”新生ゼブラヘッド”として活動を続けていきます。

以下、ゼブラヘッドからのオフィシャル・ステイトメントです。

『新しい年を迎えるにあたり、ゼブラヘッドも新たな一歩を踏み出すこととなった。
ジャスティン(vo)の他プロジェクトのことでこの1年問うまくいくようにいろいろがんばったけど、今こそ変化するべきだって思った。
ジャスティンは他の目的を追求するためにバンドを去った。そしてオレ達ゼブラヘッドはネクスト・ステップへ進むことができて今とてもエキサイトしてるし、実際シンガーを現在オーディション中だ。
「ゼブラヘッドのこれからについて、とてもワクワクしてるよ」とエド(ds)。「今年オレ達には辛い時期があったけど、今はその分元気倍増ってかんじだ。」
ゼブラへッドへ対するジャスティンの興味はここ数年失われつつあり、曲作りにも積極的ではなくなっていた。しかしこの変化は予期せぬものだった。今月予定されていたUSツアーはキャンセルせざるを得なくなってしまったが、ニュー・アルバムに関してはサマーソニック後から曲作りをスタートさせていて「より強力なものになるはずさ!」とベン(b)は言う。
最後にエドの言葉を。
「素晴らしいフロントマンは沢山存在するし、それぞれにケミストリーは生まれる。その未知なる可能性にエキサイトしてるよ。新たな一歩を踏み出すことになったこの結果に皆満足している。オレ達は変わらずゼブラヘッドだし、サウンドもゼブラヘッドのままだよ。ただ新らしい風と共にさらに向上するけどね。」』

悲しいニュースには違いありませんが、この決断に至るまでメンバーも苦渋の思いだったことでしょう。
今はそれを乗り越え、皆がハッピーな気持ちでゼブラヘッドに向かいあっているので、我々も新生ゼブラヘッドとジャスティンの新しい門出を祝おうではありませんか!


尚、これに伴い(ステイトメント中にもありますが)12/下に予定されていた米ツアーは延期されるそうです。

http://www.zebrahead.tv/
rss