1993年、JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビュー。
2001年、JUDY AND MARYを解散後、
2002年2月にシングル「the end of shite」でソロ活動を開始。
先鋭的なサウンドや前衛的なビジュアルで独自の世界観を確立。

2012年5月、ソロ活動10周年を記念して開催した東京ドーム公演では、
バンドとソロの両方で東京ドーム公演を行った女性ヴォーカリストとして
“史上初”という記録を作り、約5万人を動員。
2017年までに、音楽チャートで1位を獲得したアルバム5枚を含む、
8枚のオリジナルアルバムをリリース。

独特の歌声、表現、存在感は、あらゆる方面から多くの注目を集め、
今後も音楽活動とそれに伴うライブ、アートワークの全てから目が離せない。