ソロ・デビュー20周年!最新アルバム9/27国内盤発売決定、ミュージックビデオも公開!

2017.08.18


今年ソロ・デビュー20周年を迎える“ポップ魔術師”ことワイクリフ・ジョンが、キャリア集大成ともいえる最新アルバム『カーニバルⅢ:ザ・フォール・アンド・ライズ・オブ・ア・レフュジー』(国内盤)を9月27日に発売する。

ワイクリフはローリン・ヒルらとともに組んだフージーズのアルバム『スコア』を全世界で2,000万枚売り上げ、ヒップ・ホップの歴史を変える作品として全世界で高く評価されたほか、ビヨンセ率いるデスティニーズ・チャイルドの可能性を一早く認めてバックアップ、さらに10週以上全米1位獲得のサンタナ「マリア・マリア」やシャキーラ最大のヒット曲「ヒップス・ドント・ライ」を手掛けるなど、その手が触れる音全てを黄金ヒットに変えてきた。これまで手掛けた作品の総売り上げ枚数は1億枚ともいわれており、彼が手掛けてきた作品を聴いて育った若手の人気ラッパー=ヤング・サグは今年1月にその名もシングル「ワイクリフ・ジョン」を発表、さらにこの曲を聴いた10代、20代の若いファンがワイクリフ・ジョン自身に注目を集めるなど、現在もなお幅広い層の音楽ファンを増やし続けている。

本日公開となった最新シングル「ホワット・ハップンド・トゥ・ラヴ feat.ランチ・マネー・ウィルス&ザ・ノックス」のミュージック・ビデオでは彼特有のアクの強いポップ・センスが炸裂しており、長雨に見舞われている日本を晴れやかにするような軽快なポップ・アンセムに仕上がっている。

 

●「ホワット・ハップンド・トゥ・ラヴ feat.ランチ・マネー・ウィルス&ザ・ノックス」ミュージック・ビデオ試聴はこちら:

 

クラシックからラテン、ヒップ・ホップ、ロックと様々なジャンルを横断する最新アルバムは、もともとハイチ出身というアウトサイダーとして磨かれた個性と圧倒的なポップ・センスが随所に発揮されており、アルバムに参加しているアーティストは彼が20年前に発表したソロ・デビュー・アルバム『カーニバル』を聴いて育った20代の若手アーティストがほとんどという異色な内容となっている。現在iTunesでアルバムを予約するとシングル「ホワット・ハップンド・トゥ・ラヴ feat.ランチ・マネー・ウィルス&ザ・ノックス」と「フェラ・クティ」の2曲が先行ですぐに入手できるが、9月27日に発売となる国内盤にはラッパーのN.O.R.E.を迎えた楽曲「トラピカバーナ(リミックス)feat.N.O.R.E.&ライレー」や本人お気に入りのナンバー「カリフォルニア」の2曲が特別収録されることが決定している。

巧みなアレンジ力とアクの強い柔軟性であらゆる楽曲を操るポップ魔術師=ワイクリフがキャリア集大成ともいえる本作で再びどう世界を魅せてくれるのか、徐々にそのベールが脱がされていく。

 

●最新アルバム『カーニバルⅢ:ザ・フォール・アンド・ライズ・オブ・ア・レフュジー』iTunes予約はこちら:

 

【最新リリース情報】

ワイクリフ・ジョン

ニュー・アルバム『カーニバルⅢ:ザ・フォール・アンド・ライズ・オブ・ア・レフュジー』

<国内盤CD>

2017年9月27日(水)発売  ¥2,400(税別)SICP-5608

国内盤のみボーナス・トラック2曲収録 

 

<輸入盤CD/デジタル配信>

2017年9月15日(金)発売

iTunes予約はこちら

*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

 

1.  スラムス feat.ジャジー・アムラ、H1ダフック&マークス・ソルヴィラ

2.  ターン・ミー・グッド

3.  ボロウド・タイム

4.  フェラ・クティ

5.  ウォーリア feat.Tベイビー

6.  ショッタ・ボーイズ feat.STIX

7.  ダブル・ダッチ feat.D.L.ヒューリー&エリック・ニマー

8.  ホワット・ハップンド・トゥ・ラヴ feat.ランチ・マネー・ウィルス&ザ・ノック

9.  キャリー・オン feat.エメリー・サンデー

10. コンクリート・ローズ feat.ハンナ・エッガン&イゾラン

11. トラピカバーナ feat.ライレー

12. サンク・ゴッド・フォー・ザ・カルチャー feat.マークス・ソルヴィラ, J'ミカ &レオン・レイシー

13. トラピカバーナ(リミックス)feat.N.O.R.E.&ライレー ★

14. カリフォルニア ★

★国内盤限定ボーナス・トラック

 

【プロフィール】

70年にハイチで生まれ9歳の時にニューヨークに移住。貧しい移民として育った背景に根差した活動スタンスを確立し、アウトサイダーとの共感や文化的多様性を深め、ローリン・ヒルらとともに組んだフージーズのアルバム『スコア』はそれまでにヒップ・ホップの歴史を変える作品として全世界で高く評価された。97年に自らのカリビアン・ルーツを掘り下げたアルバム『ザ・カーニバル』でソロ・デビュー。同時にプロデューサー活動も開始し、デスティニーズ・チャイルドの可能性を一早く認めてバックアップし、10週以上全米1位の座を守ったサンタナの『マリア・マリア』の例を挙げるまでもなく、その手が触れる音全てを黄金に変えてきた。シャキーラ、ヤング・サグ、アヴィーチーまで大物アーティストもコラボを熱望するポップ魔術師として君臨し続ける彼は、今年デビュー20周年を迎えキャリア集大成ともいえる最新アルバム『カーニバルⅢ:ザ・フォール・アンド・ライズ・オブ・ア・レフュジー』(国内盤)を9月27日に発売する。

 


rss

関連商品