1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、
翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。
名曲を多数残し、1993年に解散。 解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。
デビュー20周年にあたる2007年秋にはトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売される。