ニック・ヘクサム(シンガー/ギター)、S.A.マルチネス(シンガー)、ティム・マホニー(ギター)、チャド・セクストン(ドラム)、P-ナット(ベース)の5人組。1990年ネブラスカ州オマハで結成された。ロック、ラウドからレゲエ、ダブ、スカ、ニュー・ウェーヴまで自分たちが影響を受けてきた音楽をジャンルにこだわらずに取り入れるそのスタイルで地元のクラブなどで演奏をするようになるとすぐに評判となり、活動の拠点をLAへと移す。
1991年Capricorn Recordsと契約。1992年の『Music』、1993年『Grassroots』、1995年『311』とアルバムをリリースし、特に『311』はトリプル・プラチナ・アルバムとなりバンドは一気にスターダムへと駆け上ることになる。また常に活動のメインをライヴに置いてきた彼らは1996年にライヴ・ビデオ『Enlarged To Show Detail』をリリース。このビデオは音楽ビデオとしては異例のプラチナ・ヒットとなり、バンドとファンの絆の強さを証明することとなる。
1997年には『Transistor』をリリース。1998年にはライヴCD『Live』、1999年には『Soundsystem』と定期的なペースでアルバム・リリースを続ける。その後レーベル移籍問題を経た2001年にはVolcanoに移籍し『From Chaos』をリリース。2003年には『Evolver』、2004年には初のベスト・アルバム『Greatest Hits ’93-‘03』、2005年には『Don’t Tread On Me』と立て続けにリリース。その結果、リリースしたスタジオ・アルバム8作品のうちゴールド・ディスク5枚、プラチナ1枚、トリプル・プラチナ1枚、累計セールス約1,000万枚という華々しいキャリアが積み上げることとなった。
その後、ツアーを経た彼らは一年間の活動休止を発表する。今作『Uplifter』は活動休止後、初のスタジオ・アルバム・リリースである。
ライヴに定評があり、ファンとのつながりの強いバンドとして知名度の高い彼らは2000年から隔年の3月11日に「311デー」と銘打ったイベントを開催しており毎回50曲を超える熱いライヴでファンを盛り上げている。また2006年の夏から毎年開催されている「UNITYツアー」では27州、37ヶ所を回る超過密スケジュールにもかかわらず、一万人規模の動員を記録するUSでも指折りの巨大サマー・ツアーとなっている。