ギヴ
2004.02.25
アルバム
¥2,400+税
SICP-534
こんなピアノ・トリオ、聴いたことない!
購入・ダウンロード

>

試聴

1979 Semi-Finalist

DISC 1

  • 1. 1979 Semi-Finalist

  • 2. Cheney Pinata

  • 3. Street Woman

  • 4. And Here We Test Our Powers Of Observation

  • 5. Frog And Toad

  • 6. Velouria

  • 7. Layin' A Strip For The Higher-Self State Line

  • 8. Do Your Sums-Die Like A Dog-Play For Home

  • 9. Dirty Blonde

  • 10. Neptune (The Planet)

  • 11. Iron Man

  • 12. Every Breath You Take
2003年アルバム「ヴィスタス」でデビュー。プロデューサーにロック系のチャド・ブレイクを迎え、《史上最轟音のピアノ・トリオ》と評されるサウンドは、ジャズのみならずロックをはじめとする様々な音楽ファンから注目を浴び、一躍新世代ピアノ・トリオとしてその名を世界中に轟かせた。そして早くも期待の2作目がここに登場。ジャズをベースに、ロック的なサウンド作り、類稀なテクニックとグルーヴ、決して轟音だけでない叙情的なプレイも織り交ぜたピアノ・トリオ・サウンドの魅力に加え、アヴァンギャルドな天才ジャズ・プレイヤーでありコンポーザーとして高名なオーネット・コールマン、ニルヴァーナのカート・コバーン、ウィーザーのリヴァース・クオモそしてレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド等誰もが尊敬の眼差しを置く孤高のロック・バンド~ピクシーズ、ヘビメタの元祖~ブラック・サバス、そして日本盤のみ、誰もが知る80年代を代表する最高のロック・バンドであったポリスの名曲「見つめていたい」といった、今までのジャズ・ピアノ・トリオではありえない、超斬新なカバーを収録。もちろん彼らの素晴らしいオリジナルも前作に増して磨きをかけた曲が8曲も! こんなピアノ・トリオ聴いたことない!

◆収録曲
1. 1979セミ・ファイナリスト
2. チニー・ピニャータ
3. ストリート・ウーマン
4. アンド・ヒア・ウィ・テスト・アワ・パワーズ・オブ・オブサヴェイション
5. フロッグ&トード
6. ヴェロウリア
7. ライン・ア・ストリップ・フォー・ザ・ハイアー・セルフ・ステイト・ライン
8. ドゥ・ユア・サムズ・ダイ・ライク・ア・ドッグ・プレイ・フォー・ホーム
9. ダーティ・ブロンド
10. ネプチューン(ザ・プラネット)
Exclusive Bonus Track For Japan:
12. 見つめていたい

◆パーソネル
リード・アンダーソン - Bass
イーサン・アイヴァーソン - Piano
デヴィッド・キング - Drums
2003年10月ロンドン録音


・日本盤のみボーナス・トラックとしてポリスの名曲<見つめていたい>のカヴァー収録
・日本盤先行発売


購入・ダウンロード

×

CDを購入

モバイルダウンロード