バンドネオン奏者 小松亮太、デビュー20周年 ニュー・アルバム、ベスト・アルバムを7月4日(水)発売。旧譜再発売も。

2018.05.30

アルゼンチン演奏家協会などから表彰されるなど、タンゴというジャンル自体を体現する世界的バンドネオン奏者であり、鬼気迫るエネルギッシュな演奏から目が離せない小松亮太が、日本アルゼンチン国交樹立120周年となる2018年7月1日でデビュー20周年を迎える。これを記念してオリジナル・ニュー・アルバムとベスト盤、さらに初期11アイテムのアルバムを廉価リイシューすることになった。

 

ニューアルバム「ピアソラ:ブエノスアイレスの四季 with イ・ムジチ合奏団」は、世界的に有名なクラシックの弦楽合奏団 イ・ムジチ合奏団と2017年7月に行ったコンサートのライブ盤で、タンゴの巨匠にして最大のアイコン アストル・ピアソラの代表作「ブエノスアイレスの四季」他有名曲を収録。デビュー盤でも「ブエノスアイレスの四季」を取り上げた小松亮太が20年の歳月を経て、再びピアソラの4連峰に挑む。ヴィヴァルディの「四季」で名高いイ・ムジチ合奏団が織りなすピアソラの「四季」にも注目が集まる。

 

ベスト盤「小松ジャパン~The Greatest Hits of Ryota Komatsu」は、20年の軌跡を振り返る傑作トラックを収録したベスト盤。これまでタンゴ楽曲のベストや、ポピュラー曲のベストなど数種のベスト盤がある小松亮太だが、今回はオーセンティックなタンゴ曲とポピュラー系トラックを収録した、オールタイムベスト的な初のアイテムとなっている。

 

初期11タイトル廉価リイシューは、1998年のデビュー・アルバム「ブエノスアイレスの夏」から2008年の「Collaborations!」までを発売。小松亮太がタンゴの新星から第一人者として確立するまでの軌跡を振り返れる充実のラインナップになっている。

 

デビュー20周年を控え小松亮太は「1950年代のブームが去って以降、タンゴは長いブランク期を経てから90年代に復活しました。その再興に全身全霊で取り組み、ポップス、クラシック、テレビや映画音楽の世界にバンドネオンひとつで斬り込んできた僕の20年の軌跡を凝縮したアルバムです。他の音楽ジャンルを深く聴き込んでいる人にこそタンゴの価値を感じてほしいと願っています。」と思いを述べている。

 

アルバムリリース後の10月からはデビュー20周年記念ツアー「小松亮太 デビュー20周年記念コンサート ~The Greatest Hits of Ryota Komatsu~」が行われることになっており、アルバムにコンサートにと、小松亮太から目が離せない。
<文中敬称略>


【CD情報】
ニュー・アルバム
ピアソラ:ブエノスアイレスの四季 with イ・ムジチ合奏団


¥3,000(税抜)  SICC-30485 Blu-specCD2


■収録曲
アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの四季
①ブエノスアイレスの夏
②ブエノスアイレスの秋
③ブエノスアイレスの冬
④アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの春
⑤カルロス・ガルデル:首の差で
⑥小松亮太:夢幻鉄道
⑦アストル・ピアソラ:リベルタンゴ
⑧アストル・ピアソラ:オブリビオン

 

小松亮太(バンドネオン)
イ・ムジチ合奏団

 

録音
2017年7月7日 東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル(ライヴ・レコーディング)

 

ベスト盤
小松ジャパン~The Greatest Hits of Ryota Komatsu


¥3,000(税抜)  SICC-30486 Blu-specCD2


■収録曲
①リベルタンゴ
②目覚め~ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ
③情熱大陸(LIVE)with 葉加瀬太郎&ディープ・フォレスト
④風の詩~THE 世界遺産
⑤風の谷のナウシカfeaturing 坂本美雨
⑥首の差で
⑦ラ・クンパルシータ
⑧下弦の月 featuring チャーリー・コーセイ
⑨夢幻鉄道
⑩碧空
⑪小雨降る径featuring SHANTI
⑫オブリヴィオン
⑬アディオス・ノニーノ
⑭フーガと神秘(LIVE)
⑮受胎告知のミロンガ(LIVE) with アメリータ・バルタール
⑯ブエノスアイレスの夏
⑰ブエノスアイレスの冬
⑱突然の贈りもの with 大貫妙子


初期アルバム11タイトルを廉価リイシュー  全アイテム¥2,000(税抜)[SICC-9012のみ\1,000(税抜)]
①ブエノスアイレスの夏(1998年)SICC-9011
ピアソラの意志を継ぐものとして、ピアソラゆかりの巨匠たちと共演をはたした衝撃のデビュー・アルバム。ブエノスアイレス録音。

 

②アクア・ベルデ(1999年) SICC-9012
NHK『スタジオパークからこんにちは』第2部のテーマ「アグア・ベルデ」他、古典タンゴの魅力を盛り込んだミニ・アルバム。

 

③日本テレビ系ドラマ「ラビリンス」OST(1999年)SICC-9013
愛と憎しみを紡ぎだす“闘うタンゴ”ピアソラの音楽がサスペンス・ドラマを彩り大反響を呼んだ。オール・ピアソラで隠れた名旋律を再発見。

 

④来るべきもの(1999年)SICC-9014
アルゼンチンからバンドネオン奏者ポーチョ・パルメルを招き、9人編成で奏でるモダンでロマンティックな名曲の数々。

 

⑤ラ・トランペーラ~うそつき女(2001年)SICC-9015
バンドネオンを核にしたタンゴの魅力が、ソロ、トリオ、キンテート、ノネットと多彩な編成で自由に艶やかに躍動する。「リベルタンゴ」「首の差で」や「情熱大陸」のタンゴ版も収録。

 

⑥ライヴ・イン・Tokyo2002(2002年)SICC-9016
2002年6月ブルーノート東京でおこなわれたオルケスタ・ティピカ編成によるライヴを収録。蘇るタンゴ黄金期!アルゼンチンでも発売になり本場の聴衆もうならせた迫真の演奏がここに。

 

⑦小松亮太 ザ・ベスト(2004年)SICC-9017
小松亮太初のベスト盤。新たにバンドネオン・ソロをこのアルバムのために特別収録。

 

⑧タンゴローグ(2004年)SICC-9018
小松亮太、初のオリジナル2作品を含む、ブエノスと東京でうまれた21世紀のタンゴを収録。タンゴの現在と未来を俯瞰した意欲作。アルゼンチン、ブラジルでも発売され高い評価を得た。ゲスト:ニコラス・レデスマ(ピアノ)。

 

⑨バンドネオン・ダイアリー(2005年)SICC-9019
アルゼンチン・タンゴの巨匠ピアニスト=ホセ・コランジェロをゲストに迎えたオルケスタ(ビッグバンド編成)でのレコーディング・トラックをはじめ、オリジナルを含む、小松亮太の新境地を実感できる力作。小松の手による「夢幻鉄道」、「リベルタンゴ」のニュー・ヴァージョンを収録。

 

⑩タンゴ・ウィズ・ミー(2006年)SICC-9020
バンドネオン奏者・小松亮太が、タンゴ・ダンスをテーマにセレクトした、タンゴの魅力を新たに伝えるベスト・コンピレーション。

 

⑪Colaborations!(2008年)SICC-9021
初の渾身のコラボレーション・アルバム。ジャンルやスタイルにとらわれず、小松自身が音楽的にリスペクトするさまざまなアーティストと魂のセッションを繰り広げる。


【関連リンク先】
小松亮太 オフィシャルサイト https://ryotakomatsu.net/


【コンサート情報】
小松亮太 デビュー20周年記念コンサート~The Greatest Hits of Ryota Komatsu~

2018年12月1日(土)16:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
S席\6,000 A席¥5,000(税込)
問:東京音協 03-5774-3030(平日11:00~17:00)
http://t-onkyo.co.jp

 

2018年12月3日(月)ビルボードライブ大阪
問:ビルボードライブ大阪 06-6342-7722
http://billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=2

 

2018年12月4日(火)名古屋ブルーノート
問:名古屋ブルーノート 052-961-6311(平日11:00~20:00)
http://www.nagoya-bluenote.com/index.html

 

その他デビュー20周年公演
2018年10月13日(土)八ヶ岳高原音楽堂(長野)
問:八ヶ岳高原ロッジ0267-98-2131
http://www.yatsugatake.co.jp/ongakudo/index.html

 

2018年10月25日(木)道新ホール(北海道)
問:道新プレイガイド011-241-3871 (9:30-18:00不定休)
https://doshin-playguide.jp/


rss

関連商品