「コンプリート・レコーディングス ~ センテニアル・コレクション」に寄せて、数多くのミュージシャンからのコメントです!!

2011.06.02

「ロバート・ジョンソンの素晴らしくソウルフルな音楽は、僕の音楽的旅路の全行程を通じて刺激を与え続けてくれている」――エリック・クラプトン

「ロバート・ジョンソンが神話的存在のブルース・レジェンドだということは、音楽界の枠を越えて今やかなり一般的な知識になっている。ブルース、ロックンロール、ソウル、R&B、それにラップまでも含めて、ほとんどの現代音楽の土台にものすごく大きな影響を与えているわ。彼が残した29曲の音楽作品――声とギターだけで生演奏された物――には限界とは無縁な要素があって、20世紀にアメリカの音楽界で起きた自然発生的な革命の大半はその要素が種となって実現した物だった。ジョンソンからマディ・ウォーターズ、チャック・ベリー、ジェームズ・ブラウンへと受け継がれた物が、今も続いているのよ」
「その類い希なる表現力の陰で時に見過ごされがちなのが、作曲と作詞に関する能力だわ。ジョンソンは同時代の人間の大半を間違いなくしのいでいたし、彼以後に進化したはずのブルースマンやソングライターにさえ勝っている。彼が描く心的イメージの大半は雄弁でありながらもシュールで、この世の物とは思えず、メタファーと性的なほのめかしの使い方は時代をかなり先取りするような形で陳腐な表現を避けている」
「あらゆる点から考えて、おそらくロバート・ジョンソンこそが史上最も完全なワンマンの音楽的勢力だと思う」
――シェリル・クロウ

「ロバート・ジョンソンには神が宿っている――悪魔ではなく! 悪魔は弱く、卑劣で、失敗を運命づけられている。ロバート・ジョンソンの音楽の中にあるのは神の偉大な栄光だ」
――カルロス・サンタナ

「ロバート・ジョンソンの音楽は、夢と神秘主義に満ちた異世界の領域へと導く不思議な入り口であり続けている。わずかなレコーディング作品を種として、彼の音楽は我々全員の魂の庭にばらまかれ、絡み合って根を下ろしている」
――クリス・ロビンソン

「ロバート・ジョンソンの音楽に触発されて無数のリフが生まれた。ロバート・ジョンソンの神話に触発されて無数の夢が生まれた……」
――ジミー・ペイジ

「ロバート・ジョンソンは偉大なミュージシャンで、独自の演奏を編み出してみせた。あまり長いことこの世にはいなかったけど、すべてを変えてみせたんだ」
――デヴィッド・“ハニーボーイ”・エドワーズ(95歳。ロバート・ジョンソンの友人)

「初めてロバート・ジョンソンを聴いた時――鳥肌が立った。あの声とギターの響き――二人の人間が同じ一つの部屋にいるに違いないと思った――それでも一つの存在として完璧に融合されていたんだ。レコーディング時の環境――室内の様子――レコードのパチパチという音――初期のマイクロフォン――録音機器の雑音――そのどれもがどこか別の場所から呼び出されて、明らかに異世界の音を生み出していた。あの部屋の中に入れるなら何を差し出してもいいと思った。ロバート・ジョンソンの演奏と歌がブルースを定義づけたんだ――それ以前も以後も、彼に近づけた者はいない。あまりにも早く死んでしまったけど、彼の残した音楽と伝説が神秘的なオーラとなって包み込んだブルースが、世界の隅々にまで木霊している。彼の29曲を一度聴けば、もうそれ以前の自分と同じではいられない。“オールド・スクラッチ(=悪魔)”がせいぜい彼の魂に優しくしてくれることを願うよ!」
――ジョー・ペリー

「ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれたニキビ面のキッズたちがイギリスからこぞって押し寄せてようやく、アメリカ人は自分たちの国にずっとあった途方もない物の存在に気づかされた:ロバート・ジョンソンとそのブルースだ」
――ジョン・メレンキャンプ
rss