カオスモシス
2016.03.16
アルバム
¥2,400+税
SICX-39
3年振り、通算11作目のスタジオ・アルバムが完成
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. トリッピン・オン・ユア・ラヴ
  • 2. (フィーリング・ライク・ア)デーモン・アゲイン
  • 3. アイ・キャン・チェンジ
  • 4. ワン・ハンドレッド・パーセント・オア・ナッシング
  • 5. プライヴェート・ウォーズ
  • 6. ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン
  • 7. ホエン・ザ・ブラックアウト・ミーツ・ザ・フォールアウト
  • 8. カーニヴァル・オブ・フールズ
  • 9. ゴールデン・ロープ
  • 10. オータム・イン・パラダイス
  • 11. ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン(U-Bahn zum Hansaplatz Remix)

ボビー・ギレスピー、アンドリュー・イネスを中心に1980年代から活動を開始し、ロックンロールの精神をベースに全ての音楽をのみこみ進化を遂げてきたプライマル・スクリーム。前作『More Light』から3年振りとなる、通算11作目のスタジオ・アルバム『CHAOSMOSIS』が2016年3月16日に日本先行発売(海外:3月18日発売)となる。
新作は全10曲で構成され、ボビー・ギレスピーは『エモーショナルなアルバムを作りたかったんだ。とにかくエモーショナルで、いろんな感情が入っているものにしたかった。それからリアルな題材を取り上げたかったというのがあったね。辛い題材。辛いものを取り上げてそこから脱却するようなものにしたかったんだ。辛い感情や状況を語れるようなものにね。そういう状況から生まれる感情を扱おうと思ったんだ。ブルースみたいに失恋とかリアルな感情を取り上げて、それをモダンな音で表現しようと思った。と同時に、めちゃくちゃ美しいポップ・アルバムを作りたいとも思ったんだ。エクスタシーと悲しさが同時にくるような、そういう二面性が欲しかった。』と語っている。
新作からのファースト・シングル「ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン」は、シンガーソングライター、モデル/女優のスカイ・フェレイラとのデュエット。アルバムには他にも2年前の夏にグラストンベリーで共演して以来バンドと親しいハイムや、キャッツ・アイズのレイチェル・ゼフィラがゲスト参加を果たしている。
UKでは、新作リリース後にスコットランドのアバディーン、グラスゴー、ロンドン、マンチェスターにて公演が行われ、5月以降もイギリスの『Common People 2016』を始めとしたフェスティヴァルへの出演が決まっている。

■日本先行発売
■日本盤ボーナス・トラック収録
■歌詞・対訳・解説付
■初回仕様:紙ジャケット




購入・ダウンロード

×

CDを購入

ダウンロード