MPLサウンド
2018.08.17
配信限定
『ロータス~』との3枚組セットで発売。Tr.2にはラッパーのQ-Tipが参加。
購入・ダウンロード

>

<収録曲>
01. (There'll Never B) Another Like Me
02. Chocolate Box
03. Dance 4 Me
04. U're Gonna C Me
05. Here
06. Valentina
07. Better with Time
08. Ol' Skool Company
09. No More Candy 4 U

※オリジナル発売日 2009年3月29日
※全9曲収録 (47:44)


2000年代初頭、プリンスは楽曲をリリースする様々な手法を試していた。NPGミュージック・クラブを通してのインターネット販売や、2007年の『Planet Earth』と2010年の『20Ten』で行った日刊紙での無料配布などだ。しかし、2009年の3枚組アルバムでプリンスが選んだのは、新しいウェブサイトlotusflow3r.comでのリリースと、より従来的な手法としてミネソタを中心とする大手量販店Targetと手を組んだ、実店舗での販売であった。
『Emancipation』や『Crystal Ball』のような過去の3枚組アルバムとは異なり、本作は3枚別々のフルアルバムから構成されていた。サイケデリックな『Lotusflow3r』、ファンキーな『MPLSound』、そしてプリンスがお気に入りの歌手ブリア・ヴァレンテのために共作しレコーディングした、ドリーミーな『Elixer』である。『Lotusflow3r』の曲は、プリンスが2006年のアルバム『3121』のレコーディングを行っていた頃に発展したもので、当時の参加ミュージシャンの多くが本作にも再び参加している。ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション(NPG)のオリジナル・ベーシストであるソニー・トンプソンとドラマーのマイケル・ブランド、プリンスの2000年代中盤のツアーバンドメンバーだったジョシュアとC・Cのダンハム夫妻やモリス・ヘイズ、シェルビーJ、マーヴァ・キングなどである。
一方『MPLSound』は、プリンスのみによるスタジオ録音で、唯一“Chocolate Box”にのみ、ラッパーのQティップが参加している。アルバムタイトルは、プリンスが1980年代に世界的に有名にしたアイコニックなサウンドへの言及だ。“Ol’ Skool Company”は プリンスや仲間たちがノース・ミネアポリスで成人を迎えた頃の“コミュニティを席巻していた”“オールドスクールなメロディ”を反映しており、ミネアポリス・サウンドのアーティストであるthe Timeのジェリービーン・ジョンソンやシーラ・E、ミント・コンディションの名前を叫んでいる。
3枚組のアルバムをアメリカではTargetのみで販売するというプリンスの決断は、リスナーが今なお実店舗で彼の音楽を買いたがっているということを証明した。アルバムは米ビルボード200のチャートで初週2位を記録。トップ・インディペンデント・アルバムとトップ・R&B/ヒップホップアルバムのチャートでは1位になった。
『Lotusflow3r』からも『MPLSound』からも公式なシングルはリリースされなかったが、“Dreamer”はTargetのアルバム宣伝のCMで使われたことで、国内の注目を一気に集めた。この曲は、マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺がプリンスの人種理解に与えた影響を反映しており、2010年のグラミー賞で最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス部門にノミネートされた。




購入・ダウンロード

×

ダウンロード