3121
2018.08.17
配信限定
ユニバーサル社配給で発売。タイトルは自身31枚目の作品で21日発売のため。
購入・ダウンロード

>

<収録曲>
01. 3121
02. Lolita
03. Te Amo Corazón
04. Black Sweat
05. Incense and Candles
06. Love
07. Satisfied,
08. Fury
09. The Word
10. Beautiful, Loved and Blessed
11. The Dance
12. Get On the Boat

※オリジナル発売日 2006年3月21日
※全12曲収録 (53:42)


プリンスは長年、ある種の数字やその並びに親しみを持っており、2000年代中盤には“3121”という数字が特別な意味を持つようになっていた。当時、プリンスはLAに“3121”と呼ぶ家を借りており、そこでは数々のパーティーやレコーディング・セッションが行われた。“3121”は、2006年3月21日にリリースされたプリンスの31枚目のアルバムのタイトルでもあった。このアルバムは、自身のレーベルNPGとユニヴァーサルとのユニークなアルバム1枚での契約によりリリースされた。タイトル曲の歌詞は、彼の家“3121”で行われていたパーティーの雰囲気に言及している。“ゲートを通って/ドアをノックする/床の上の山から服を身につける/日本風のローブとサンダルを選んで/チョコレートの持ち手が付いたグラスでシャンパンを飲むんだ”このアルバムには、プリンスのキャリアにおける過去と未来のバンドメイトとのコラボレーションが収められている。ドラマーのマイケル・ブランドとベーシストのソニー・トンプソンは、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション(NPG) のオリジナル・メンバーで、タイトル曲の演奏に参加している。また、本作がプリンスとのレコーディング初共演だった夫婦デュオ、ジョシュアとコラ・コールマン(別名C・C)のダンハム夫妻は、このあと数年に渡り、プリンスのリズムセクションを担当することになる。有名なファンク・サックス奏者のメイシオ・パーカーや、彼の長年のコラボレーション相手であるシーラ・E、プリンスが2000年代中盤に密接に仕事をし、2006年にはギタリストとしてツアーにも参加したテイマーも本作に参加している。
メジャーレーベルからの配給だったことと、2004年の『Musicology』に続くリリースだったことにより、『3121』は音楽業界のメインストリームへのプリンスの“カムバック”作の一環だと考えられた。驚くべきことに、このアルバムはビルボード200でいきなり1位を記録。これはプリンスのアルバム史上初めてのことで、誰もが欲しがるチャート1位になったこと自体も、彼のキャリア史上4枚目だった。(他の3枚は、『Purple Rain』、『Around the World in a Day』、『Batman』である)プリンスは、『Saturday Night Live』や『Good Morning America』、『American Idol』のシーズン・フィナーレでのサプライズ・パフォーマンスなど、複数回のテレビ出演で本作の宣伝を行った。
『3121』はグラミー賞にも複数ノミネートされた。ノミネートされたのは、タイトル曲の“3121”で最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス部門、最優秀R&Bアルバム部門、“Black Sweat”で最優秀男性R&Bヴォーカル・パフォーマンス部門と最優秀R&Bソング部門、テイマーとのデュエット曲“Beautiful, Loved and Blessed”で最優秀R&Bパフォーマンス(デュオ/グループ)部門である。




購入・ダウンロード

×

ダウンロード