ワン・ナイト・アローン…ライヴ-ザ・アフターショウ:イット・エイント・オーヴァー
2018.08.17
配信限定

ライヴ後のジャムを収録したもので、『ワン・ナイト~ライヴ!』のBOX SETに収録。

購入・ダウンロード

>

<収録曲>
01. Joy In Repetition (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
02. We Do This (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
03. Medley: Just Friends (Sunny) / If You Want Me to Stay (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
  Just Friends (Sunny) (Live)
  If You Want Me to Stay (Live)
04. 2 Nigs United 4 West Compton (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
05. Alphabet Street (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
06. Peach (Xtended Jam) (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
07. Dorothy Parker (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
08. Girls & Boys (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)
09. Everlasting Now (Vamp) (Live from One Nite Alone Tour...The Aftershow)

※オリジナル発売日 2002年12月17日
※全9曲収録 (55:39)


プリンスは一般的に、彼の世代において最も偉大なライブパフォーマーの1人であると見なされている。だからこそ、すでに30年近いキャリアを積んでいた2002年までライブアルバムを発表していなかったのは驚きだ。それがプリンス初のライブ・アルバム『One Nite Alone... Live!』である。 『One Nite Alone... Live!』の27曲は、プリンスとザ・ニュー・パワー・ジェネレーション(NPG)の大規模なOne Nite Alone...ツアーの間に録音された。80年代~90年代初頭のプリンスの代表的ヒット曲から、2001年のアルバム『The Rainbow Children』のタイトル・トラックのようなもっと近年の曲まで収録されている。
2枚組のライブアルバムである『One Nite Alone... Live!』はボックスセットの一部であり、このセットには『One Nite Alone... The Aftershow: It Ain't Over』も付いていた。そこには、プリンスのツアーでよく行われていた伝説的な深夜のジャムセッションの様子が収められている。『One Nite Alone... Live!』と『One Nite Alone... The Aftershow: It Ain't Over』の曲はすべて、プリンスのサウンド・エンジニアだったスコッティ・ボールドウィンによって録音され、ライナーノーツにはスコッティのレコーディング・プロセスに関する考えが記されている。




購入・ダウンロード

×

ダウンロード