ザ・ゴールド・エクスペリエンス
2018.08.17
配信限定
プリンスの名を捨ててシンボル・マークを立てて発表した初作品。
購入・ダウンロード

>

<収録曲>
01. P. Control
02. NPG Operator #1
03. Endorphinmachine
04. Shhh
05. We March
06. NPG Operator #2
07. The Most Beautiful Girl In the World
08. Dolphin
09. NPG Operator #3
10. Now
11. NPG Operator #4
12. 319
13. NPG Operator
14. Shy
15. Billy Jack Bitch
16. Eye Hate U
17. NPG Operator #6
18. Gold

※オリジナル発売日 1995年9月26日
※全18曲収録 (1:05:11)


プリンスが初めてプリンスと名乗らずシンボル・マーク(通称“ラヴ・シンボル” )で発表した作品。シンボル・マークは本人が読み方を指定していなかったため、海外ではThe Artist Formerly Known As Prince、その後The Artistと音読みされた。
長年契約していたワーナー・ミュージックを離れた後に発表した作品で、90年代の作品の中で最も成功し、批評家たちからも高く評価されたアルバムで、収録されている楽曲のいくつかはプリンスを代表するナンバーとして親しまれている。
ファースト・シングルとなった「ザ・モスト・ビューティフル・ガール・イン・ザ・ワールド」は1994年2月にプリンス自身のレーベルNPG Records、Edel Music、そしてインディペンデントのディストリビューターであるBellmark Recordsからリリースされた。同シングルは瞬く間に大ヒットを記録、全米シングルチャートに初登場でトップ10入りを果たしたほか、オーストラリア、ニュージーランド、オランダ、スイス、イギリスなど各国で1位を獲得、全米シングル・チャートでは最高位3位をマークした。
他のアルバム収録曲も同時期の1993年秋から1994年冬にかけてレコーディングされた。プリンス本人はワーナー・ブラザーズから発売のアルバム『カム』と同じタイミングでの発売を希望していたようだが、最終的には1995年9月の発売となっている。
アルバムのクレジットはプリンスの名前がクレジットされており、収録曲の何曲かは彼がすべてのレコーディングを行った楽曲となっているが、多くの楽曲はNPGのコア・メンバーであるマイケル・ブランド、トミー・バーバレラ、ソニー・トンプソンほか、NGPのホーン隊でホーンヘッズと呼ばれるグループもレコーディングに参加している。




購入・ダウンロード

×

ダウンロード