ナチュラル ハイから皆様へ大切なお知らせ(その2)

2008.10.02

(その1からつづき)

白木裕子、25歳の誕生日までにデビューに繋がるきっかけがつかめなかったらお互い音楽活動を中止しようと決め、音楽制作に全ての時間を注ぎ込めるように共同生活を始めたのはもう6年前のこと。
あれから、様々な月日と歳を重ね、個々の時間や、心の在り方についてもゆっくり自分自身と向き合う時間が増えました。
この先、10年後、20年後・・・お互いの人生をより豊かなものにしたいと、想いを巡らせ、考えに考えて、ふたりの心が向いた先に、今回の決断がありました。

私たちがここまで続けられたことは、何より皆様のおかげです。私たちの歌を待っていてくれた、皆様の温かい想いです。
そして、頼りない私たちをいつも近くで支えて下さったスタッフの皆様の力です。
感謝の気持ちは絶えません・・・。
ここから先、不安がないと言ったら嘘になりますが、新たな一歩を踏み出す勇気を持って、それぞれの道を歩いていこう思います。

白木は年内、ナチュラル ハイのヴォーカリストとして全力を尽くし、その後、歌を歌い続けるための準備を始める予定です。

大嶽は、兼ねてからこだわり続けてきた“和”の世界を、和太鼓・尺八・そしてピアノで、どこまで表現できるかをテーマに、この秋より新プロジェクトをスタートさせます。
ライブも積極的に取り組み、音楽道を変わらぬ想いで突き進む所存です。

ナチュラル ハイとしては、12月28日(日)に代官山『晴れたら空に豆まいて』でワンマンライブを行い、幕を閉じます。
音楽は、変わらずふたりの中に流れ続けます。

ナチュラル ハイの活動はここで停止となりますが、私たちの音楽が、皆様の胸に残ってくれることを願っています。
そして、私達も、ナチュラル ハイで得たものを宝に、前を向いて進んでいきます。

皆様、本当に今までありがとうございました!!

ナチュラル ハイ
白木裕子
大嶽香子 
rss