本名:Nasir bin Olu Dara Jones。90年代初頭から現代まで、数多くのクラシックを生み、ヒップホップ・シーン最高のリリシストのひとりに数えられるナズ。1973年、NY・ブルックリンに生まれ、クイーンズ南西部のロング・アイランド・シティで育つ。父はジャズ・トランペッターのオル・ダラ。弟もヒップホップMCとして活動している。14歳で学校をドロップアウトして、ストリートでの生活に身をゆだねる。1991年に、ヒップホップ・グループ、メイン・ソースの曲でフィーチャーされ一躍注目を集め、COLUMBIAと契約を結ぶ。 1994年のデビュー作『イルマティック』には、DJプレミア/ピート・ロック/Qティップ/ラージ・プロフェッサーなど東海岸を代表する気鋭のトラックメーカーたちがこぞって参加。「N.Y. State Of Mind」、「the Word Is Yours」、「One Love」、「It Ain’t Hard To tell」などを収録し、当時、ヒップホップ・シーンにおいて絶大な影響力を持っていた雑誌「The Source」でマイク5本の最高評価を獲得。現在までに100万枚のプラチナ・ディスクを獲得し、ヒップホップ史上に輝くクラシックとして高く評価されている。その後も「If I Ruled The World」を収録した『イット・ワズ・リトゥン』(1996)、代表曲となった「One Mic」を収録した『スティルマック』(2001)、「Made You Look」を収録した『ゴッズ・サン』(2002)などコンスタントにアルバムを発表。その間には、同じNY出身のラッパー、ジェイZとの間でビーフが発生し話題を呼んだ(2005年にステージ上で和解)。 2006年にDef Jamに移籍し、2011年の最新作『ライフ・イズ・グッド』も全米チャート初登場1位を獲得。これまでに6枚のアルバムが全米No.1を獲得し、通算セールスは2000万枚を数える。デビュー以来一貫して、ストリートに寄り添ったリアルなライムとハード・サウンドで、ヒップホップ・シーンからの絶大な支持を集めている。(2014年現在)

アーティスト公式WEBサイト:http://www.nasirjones.com/