80年代のライヴ・シーンを疾風のごとく駆け抜け、86年に解散後、2002年より活動を再開、03年には18年振りのアルバム”life of music”を発売。 個性的なキャラクターが繰り広げる圧倒的なライヴ・パフォーマンスは、毎秒放たれる究極のスリルで観客の心を魅了し続けている。
今年は結成30周年を迎え、5月には新作"30th"と共に、SONY時代の未発表作品を含む全作品がまとめられたボックスセット、更に86年BANANA Hallで行われた伝説の解散ライヴのDVDが発売されるなど、再び注目を集めている。
1977.清水興、岩見和彦、中村建治らで結成。
1979.メンバー全員で渡米、帰国後、心斎橋のJAZZ喫茶の老舗「DUKE」にレギュラー出演。
1981.東原力哉、青柳誠が加入。
1982.CBS/SONYよりデビュー。
1983.年間160本以上のライヴをこなし、最強のライヴ・バンドとしての地位を確立する。
1984.日野皓正らと初の日本武道館公演。30台のカラーモニターとライヴをシンクさせたSONY BETA Hi-fi Collage Tour を敢行。
1985.阪神タイガースの優勝の日、隣の日本青年館でコンサート。
1986.解散。
2000.限定復活によるツアーを敢行。
2002.完全復活、レコーディング開始。
2003.18年振りのアルバム「life of music」発売。CROSSOVER JAPAN 03に参加。全国8都市でlife of music TOURを敢行
2004.SANTANAのドラマーとしても活躍中のDennis Chambersを迎へ、DRUM 'n' DRUM TOURを敢行。ゴスペラーズとのコラボで久保田利伸のトリビュート・アルバムに参加。アルバム「THIS is IT!」発売
2005.CROSS OVER JAPAN 05に参加。
2006.青柳 誠 活動休止。SOUL POWER TOKYO/なにわ SUMMITのホストバンドを務める。
2007.結成30周年を迎える。アルバム「30th」発売。LIVE DVD「First Finale1986」発売。DVD BOX「NANIWA EXP BOX ~ SONY MUSIC YEARS」発売。SOUL POWER TOKYO/なにわ SUMMIT2007のホストバンドを務める。
2008.SOUL POWER TOKYO/なにわ SUMMIT2008のホストバンドを務める。
2011.翌年の結成35周年を迎へ、オーダーメイドファクトリー受注開始