北出菜奈、女、21歳。
ゴスロリな衣装に身を包み、歪んだギターをかき鳴らす。
色白で異常なまでに大人びているそのキャラクターは不思議な色気をかもしだす・・・
2003年13年振りに行われたソニーミュージック・オーディションで約4万人の中から選出され、2003年10月シングル「消せない罪」でデビュー。
MBS・TBS系アニメ『鋼の錬金術師』エンディング・テーマに抜擢され新人では異例の着うたDL初登場6位に。当時16歳の彼女を『anan』などの女性誌も注目する中、早くも2004年2月に2ndシングル「撃たれる雨」(テレビ東京系『JAPAN COUNT DOWN』エンディングテーマ)を発売。好きな本が「辞書」というだけあって、北出の世界観が見事に現れた歌詞を確立。このとき故郷の北海道を皮切りに初の全国ツアーを慣行。

ツアーが終わる頃からレコーディングを始めた4thシングル「pureness/七色」(テレビ東京系アニメ『冒険王ビィト』エンディングテーマ/Super Network Drama Ⅲ 『19borders』主題歌)初のダブルAサイドシングルを2004年11月にリリース。このころには、音楽専門誌『What’s in?』等で連載をスタート。『良い女化計画』を着実に推し進める。

しばらく制作期間に入った北出は、その成果として5thシングル「KISS or KISS」を2005年6月にリリース。なんと日本テレビ系ドラマ『anego』(主演:篠原涼子)の主題歌に大抜擢!今までのロックで強いイメージとは一転、キュートな女心を歌ったこのラブソングは、回を重ねるごとにドラマファンに突き刺さり、自身の持つオリコン最高位を更新。着うたDL数は40万を超えた。ファッションでも注目を集め、女性ファッション誌『CUTiE』で連載を開始する。

そして、再びあのコラボが実現。2005年7月にリリースした「悲しみのキズ」がPS2ソフト『鋼の錬金術師3-神を継ぐ少女』のテーマソングに! なんとゲーム内のイベントに北出本人が登場したり、ゲームのOPで「悲しみのキズ」オリジナルVC映像が収録されたりというスペシャルタッグになった。

「KISS or KISS」&「悲しみのキズ」が大ヒットする中、なんと2005年8月に、40万人以上を動員する香港最大級アニメFes.『コミック・フェスティバル』に出演が決定し、海外進出を果たす。北出は現地でも認知度が高く、大歓声で迎えられた。

この頃には本人のアーティストとしての新たな才能が目覚め、ゴスロリというファッションスタイルが確立。ゴスロリファッションの金字塔である女性ファッション誌「KERA」の表紙を飾る。

さらに、2005年8月にファーストアルバム「18 -eighteen-」の発売を発表。名前の『ナナ』にちなんで『7』のつく日に『ナナの日イベント』を決行。前日台風7号が来ていたにもかかわらず、晴天に恵まれた7月27日に、東京・原宿『ラフォーレ原宿』にて野外のフリーイベントを決行(700人集結)。
アルバム発表後の9月7日には東京・渋谷『SHIBUYA-AX』にて初のフリーワンマンLIVEを行った。3万人の応募の中から幸運な2000人を招待。「18 –eighteen」の収録曲「Alice」が映画『深紅』のイメージソングになっており、アンコールではこの映画の主演:堀北真希さんが登場。会場を沸かせた。

売りチケットとしての初のワンマンLIVEはこの年の12月にゴスロリの聖地・原宿アストロホールで慣行。衣装チェンジまである、音楽・ファッションに通じたLIVEになった。

その後すぐにKISS縛りのシングル「SLAVE of KISS」を2006年2月8日にリリース。世界初、着キッスを配信するなど話題となった。このころには雑誌「KERA」にて連載を開始。自分の趣味を公開したり、ケーキの城を作成したり、手先の器用さを露呈させる。読者投票で1位を飾るなど紙面の中で多大な人気を誇り、再び表紙を飾る。

そのころ4/27~8/27に携帯着うた限定で13回連続・新曲リリースという史上初の試みを行う。その配信楽曲を収録したミニアルバム「Cutie Bunny ~菜奈的ロック大作戦 コードネームはC.B.R.~」を2006年7月にいリース。北出の持つ感覚やオーラをふんだんに詰め込んだ菜奈ワールド全開の内容となった。
このアルバムリリースの前日にはアメリカでも「18 –eighteen-」が発売。アジアに続き、アメリカでもデビューを果たす。その1ヶ月後2006年8月にはアメリカ最大級のアニメFes.『OTAKON』に出演しパワフルなステージを披露!ファッションコンテストでは審査委員長を務めた。「次はロリータの本場フランスに行きたい!」と意欲を語った。

帰国後2006年10月に8thシングル「希望のカケラ」(テレビ東京系アニメ『出ましたっ!パワパフガールズZ』オープニングテーマ)を発売。再び女性ファッション誌「KERA」の表紙に抜擢。

2006年12月には2ndアルバム「I scream」と¥7,777のBOXセットを同時発売。ファッションデザイナーとしての才能も発揮し、ロリータブランド『BABY,THE STARS SHINE BRIGHT』tおコラボリングを発売、即完売。同時に再び女性ファッション誌「KERA」の表紙に抜擢。この短期間に表紙を何度も飾ることは史上初であった。

2007年はワンマンライブ「ゴシックナイト・ロリータナイト」で始動。同年7月にはアメリカでの発言が現実のものに!フランス・パリで行われた最大級のイベント(12万人動員)『JAPAN EXPO』にてライブが決定!1万人のフランスファンを魅了させ、同時にヨーロッパデビューも果たした。

その後すぐ、悲劇の姫マリー・アントワネットイメージした楽曲「アントワネットブルー」を2007年9月にリリース。仮想19世紀ヨーロッパを舞台とした、テレビ東京系アニメ『D.Gray-man』のエンディングテーマになり、北出の楽曲とピッタリリンクし、多大な評価を得た。

また、この年に20歳になったことを記念して3rdアルバム SINGLE COLLECTION「Berry Berry SINGLES」を11月に発売。デビュー曲からの全シングルを全て収録した上、「今の自分を見てほしい!」という意図のもと、新たに3曲を追加収録。この3曲にはサウンドプロデュースにマーティ・フリードマン、コーラスにはROLLYが参加。内容の濃いアルバムとなった。さらに記念アルバム発売に合わせて東京・原宿にはフリーライブを決行。800人を集結。その模様をが雑誌で大特集された。

2008年、ナナの年でなくなったものの、さっそく3月に10thシングル「SUICIDES LOVE STORY」
(アニメ『PERSONA-trinity soul-』エンディングテーマ)をリリース。白ゴスという、今までのものよりセクシーなゴシックに挑戦。「シンプルな狂気」をテーマに突き進んだ。

7月にはエア・ギターリスト『MAY』からの熱烈なオファーにより、楽曲の提供が実現。「PUNK&BABYs」をリリース。TBS系TV『ランク王国』エンディングテーマにもなっており、「ランク王国」始まって初めてのフルゲスト出演を果たした。
この月にはドイツ・ボンで行われた『Animagic』にゲストライブ出演。8000人のドイツファンを動員。みんなが日本語で北出の楽曲を歌い、行くところ行くところで人だかりに!!

2009年・・・
2月4日に12thシングル「月華-tsukihana-」(アニメ『地獄少女 三鼎』オープニングテーマ)をリリース!!
今年も、『清く、激しく、ぶち壊す!!』をモットーに走り続けます・・・
是非、北出菜奈中毒に・・・