ロックンロール黄金時代:40周年記念
2009.12.23
アルバム
¥2,400+税
SICP-2547
ロックンロールを体現した世界最高のB級バンドによる究極のベスト!
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. All The Way From Memphis (Album Version)
  • 2. Honaloochie Boogie (Album Version)
  • 3. The Golden Age Of Rock N' Roll (Album Version)
  • 4. Roll Away The Stone (Album Version)
  • 5. Foxy Foxy (Album Version)
  • 6. Saturday Gigs (Album Version)
  • 7. Rock 'N' Roll Queen
  • 8. Walking With A Mountain
  • 9. Waterlow
  • 10. Midnight Lady
  • 11. The Moon Upstairs
  • 12. ONE OF THE BOYS
  • 13. Jerkin' Crocus (Album Version)
  • 14. Sea Diver (Album Version)
  • 15. I Wish I Was Your Mother (Album Version)
  • 16. Marionette (Album Version)
  • 17. Crash Street Kidds (Album Version)
  • 18. Hymn For The Dudes (Album Version)
  • 19. Ballad Of Mott The Hoople (Album Version)
  • 20. ALL THE YOUNG DUDES
70年代初期を彩った、イギリス出身のグラム・ロック・バンド。ハード・ロックとボブ・ディランを融合させた音楽性、パンク・シーンにもクイーンにも影響を与えた多彩さ、ロックンロールの持つ純粋な楽しさ、それらがこの偉大なるB級バンドの持つ魅力と言われています。イアン・ハンター(Vo)を中心に、ミック・ラルフス(G)や、のちにはミック・ロンソン(G)もメンバーとして在籍していました。'69年、『モット・ザ・フープル』でデビューしますがパッとせず、'72年、デヴィッド・ボウイがプロデュースしたシングル「すべての若き野郎ども」で大ブレイク。この曲はグラム・ロックのアンセムとなり、続く同名アルバムもヒット。その後も、'73年『革命』、'74年『ロックンロール黄金時代』とヒット・アルバムを連発しますが、'74年には中心メンバーだったイアン・ハンターが脱退しソロ活動へ。グループ名をMOTTに変更し活動を続けますが、'76年に解散となります。このベストはそんな彼等が作り出したヒット数々をまとめた究極のベストで、デビュー40周年を記念した企画されたものです。

※解説/歌詞/対訳付

購入・ダウンロード

×

CDを購入

モバイルダウンロード