-時代を彩った数々のショート・フィルムとともに-
マイケル・ジャクソン ハイレゾで体感する“NUMBER ONES”

2017.01.19

 

ソニー株式会社、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズは、リニューアルのカウントダウンが近づいた東京・銀座 ソニービル 8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)を盛り上げるべく、共に時代を彩ったマイケル・ジャクソンの数々のヒット曲を、ハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源*1と200インチの大型スクリーンで堪能できる「-時代を彩った数々のショート・フィルムとともに- マイケル・ジャクソン ハイレゾで体感する“NUMBER ONES”」を2017年1月31日(火)~2月26日(日)の期間、同会場にて開催いたします。

≫ イベント詳細ページ 

 

当イベントは、1月6日(金)にハイレゾ配信がスタートしたマイケル・ジャクソンのアルバム『NUMBER ONES』を最大限にお楽しみいただける内容となっています。開催期間中は、前半を“『スリラー』ウィーク”[2017年1月31日(火)~2017年2月12日(日)]と題し、今年リリース35周年を迎えるアルバム『スリラー』から「スリラー」、「ビリー・ジーン」、「今夜はビート・イット」などの人気楽曲を中心にした6曲を、後半の“『BAD』ウィーク”[2017年2月13日(月)~2017年2月26日(日)]では、同じく今年リリース30周年を迎えるアルバム『BAD』から「BAD」、「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」、「スムーズ・クリミナル」など4曲が流れます。


今もなお唯一無二の影響力を持ち、先進的・独創的なアーティストとして、インスピレーションの源で有り続けるマイケル・ジャクソンの歌声やサウンドの世界を、ハイレゾ音源だからこそ感じることのできる細部まで忠実に再現された原音に迫る音質と、200インチの大型スクリーンによる迫力ある映像でお楽しみいただけます。

 

長年人々を魅了し、愛され続けるマイケル・ジャクソンの名曲たちと50年の歴史が彩る東京・銀座 ソニービルへ、この機会にぜひお立ち寄り下さい。


*1 ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング 周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つ、PCMやDSDフォーマットの音源を指します。

 

 


rss