• ロンドン生まれ、NY育ち。義理の父はイギリスのロック・バンド、フォリナーのミック・ジョーンズ、母はフリーランス・ライター、そしてロンドン/NY社交界の実力者という華やかな家庭環境に育つ。
  • 16歳頃にからDJ活動をスタート。数年後には人気クラブにレギュラーDJとして出演するようになり、セレブリティのプライベート・パーティでもひっぱりだこな、NYクラブ・シーンを代表する人気DJとしてその名を馳せる。
  • トップ・クラスのDJとして大活躍する一方、プロデューサー業も本格化し、2003年に1stアルバム『Here Comes the Fuzz』でワールドワイド・デビュー。
  • 故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」のプロデューサーとして第50回グラミー賞で<最優秀プロデューサー賞>を受賞し、一躍脚光を浴びる。なお、同曲は<最優秀レコード賞>を受賞し、これを収録したアルバム『バック・トゥ・ブラック』は<最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞>を受賞。
  • 第56回グラミー賞で「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバム」を受賞したブルーノ・マーズの2ndアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』に収録された、6週連続全米No.1を獲得したヒット曲「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュース。同楽曲は第56回グラミー賞で「最優秀楽曲賞」「最優秀レコード賞」にノミネート。
  • 2015年1月、4枚目のアルバム『アップタウン・スペシャル』をリリース。2014年11月にリリースした同作のファースト・シングル「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は全米シングル・チャート14週連続で1位を獲得し、全世界で大ヒットを記録。
  • 第58回グラミー賞では、見事「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」で<年間最優秀レコード賞>と<最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)>の2部門を受賞。また同曲のリミックス(「アップタウン・ファンク (Dave Audé Remix)」が<最優秀リミックス・レコーディング賞(クラシック以外)>を受賞。翌年の<スーパーボウル>のハーフタイムショウに登場し、ブルーノ・マーズとともにパフォーマンスを行った。
  • 2018年12月17日(月)に幕張メッセ国際展示場 9~11ホールで星野源とマーク・ロンソンによるダブル・ヘッドライナー公演が決定。会場に集まった約2万人を巧みなDJで大いに沸かせた。
  • 第61回グラミー賞では、同じくDJ・プロデューサーのディプロと組んだユニット=シルク・シティでデュア・リパとコラボしたシングル「エレクトリシティ」で最優秀ダンス・レコーディング賞を、レディー・ガガが初主演を務めた映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」で<最優秀映像作品楽曲>を受賞。
  • 作曲で参加した「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」で、第91回アカデミー賞<歌曲賞>(主題歌賞)と第76回ゴールデン・グローブ賞<主題歌賞>も受賞。
  • 2019年6月21日、カミラ・カベロ、マイリー・サイラス、リッキ・リー、アリシア・キーズ、イェバなど女性アーティストが多数参加した約4年ぶり、5作目となる『レイト・ナイト・フィーリングス』が発売