マライア・キャリー、ソニー・ミュージック復帰!
日本洋楽史上最多360万枚セールスの『#1’s』を超える究極のベスト・アルバム発売へ!
すべての曲が全米No.1ヒット&新曲「Infinity」を収録。

2015.04.14

本日、マライア・キャリーがSony Music EntertainmentのEpic Recordsと契約し、5月18日(US時間)に、ニュー・アルバム『#1 To Infinity』をリリースすることが発表された。「再びマライアと仕事ができることにわくわくしている」。2005年にIsland/Def Jam Music Groupのトップとしてマライアの復活に貢献し、現在はEpic RecordsのC.E.O.であるL.A.リードは、「シンガーとしても、ソングライターとしても、彼女のような存在は皆無だ。彼女が生み出した音楽は我々の文化にハッキリと刻まれ、ヒット・チャートの記録を次々と塗り替えている。世界中の熱狂的なファンたちと共に、私はマライアがこれからもう一度大きな記録を成し遂げることを確信している」と語る。


マライア・キャリーの歴史は全米No.1ヒットの歴史といっても過言ではない。1990年デビュー曲「Vision of Love」の4週1位を皮切りに、1995年から1996年にかけて16週にわたり1位(ビルボード・チャート史上最長のNo.1記録)に君臨した「One Sweet Day」や、2005年に14週1位を獲得し完全復活を遂げた「We Belong Together」など、常に歴史的なNo.1ヒット共に歩んできた。日本国内だけで360万枚という“洋楽史上最多セールス”を記録した1998年のベスト・アルバム『#1’s』(邦題:The Ones)は、それまでの全米No.1ヒット12曲を中心に収録されていたが、今回リリースされる『#1 To Infinity』は、新曲を除く18曲すべてが全米シングル・チャートで1位を獲得している。このようにチャート1位だけで固めた作品は、全米・全英チャートで1位を獲得した曲だけで構成したザ・ビートルズの『THE BEATLES 1』(2000年)、エルヴィス・プレスリーの『ELV1S~30ナンバー・ワン・ヒッツ』(2002年)、シュープリームス時代のNo.1ヒットも含めたダイアナ・ロスくらいしか例がなく、90年代以降に登場したアーティストという点では快挙といえる。さらに本作には、マライア自身のペンによる新曲「Infinity」が収録されており、新たな伝説の幕開けを飾るにふさわしい作品となるだろう。


マライア・キャリーは今回のリリースに合わせ、5月6日からラスベガスで『#1’s』と題された長期公演をスタートさせる。そのタイトル通り、18曲のNo.1ヒットを中心に、ファンから人気の高い曲やこれまでにパフォーマンスしていなかった曲で構成された豪華なショーになる模様。こちらも大きな話題を呼びそうだ。
*文章中の全米シングル・チャートは、Billboard Hot 100をもとにしています。


〈商品情報〉

『#1 To Infinity』 Mariah Carey
US:2015年5月18日発売予定(※日本盤は6月発売予定)
収録曲(新曲を除き、全曲Billboard Hot 100チャート1位)
1. “Vision of Love” (4週/1990年)
2. “Love Takes Time” (3週/1990年)
3. “Someday” (MTV Unplugged version) (2週/1991年)
4. “I Don’t Wanna Cry” (2週/1991年)  『#1’s』未収録
5. “Emotions” (3週/1991年)
6. “I’ll Be There” (featuring Trey Lorenz) (2週/1992年)
7. “Dreamlover” (8週/1993年)
8. “Hero” (4週/1993年)
9. “Fantasy” (featuring O.D.B.) (8週/1995年)
10. “One Sweet Day” (featuring Boyz II Men) (16週/1995-1996年)
11. “Always Be My Baby” (2週/1996年)
12. “Honey” (3週/1997年)
13. “My All” (1週/1998年)
14. “Heartbreaker” (featuring Jay-Z) (2週/1999年)  『#1’s』未収録
15. “Thank God I Found You” (featuring Joe & 98 Degrees) (1週/2000年)  『#1’s』未収録
16. “We Belong Together” (14週/2005年)  『#1’s』未収録
17. “Don’t Forget About Us” (2週/2005年)  『#1’s』未収録
18. “Touch My Body” (2週/2008年)  『#1’s』未収録
19. “Infinity” (2015) *新曲


〈プロフィール〉
 これまでに18曲の全米No.1ヒット(Billboard Hot 100による)、2億枚以上のアルバム・セールス、グラミー賞をはじめ数々のアワードを受賞する、まさに現代最高の女性シンガー、マライア・キャリー。
 1970年3月27日、ニューヨーク郊外のロング・アイランドでベネズエラ系の父とアイルランド系の母の間に生まれる。母親はシティ・オペラの舞台にも立っていたシンガーで、マライアも3才で歌手になる決心をしたという。マンハッタンでウェイトレスをしながら、デモテープ作りに励むなどプロの歌手を目指していたところ、ブレンダ・K・スターのコーラスとして注目を集める。1988年に彼女のデモテープを聴いた当時CBSレコード(現Sony Music Entertainment)社長のトミー・モトーラに見出され契約。その後1990年に“7オクターヴの歌姫“というキャッチフレーズでデビュー。「Vision of Love」、「Emotions」、「Hero」、「Fantasy」など次々に全米No.1ヒットを送りだした。なかでもボーイズIIメンとのデュエット曲「One Sweet Day」(1995年)は、全米チャート16週連続1位の史上最高記録を樹立した。また、日本では1994年の年末に「All I Want for Christmas Is You」(邦題:恋人たちのクリスマス)がロングセラーになっている。2002年から2014年はユニバーサル・ミュージック傘下のIsland/Def Jam Music Groupに在籍し、「We Belong Together」(全米チャート14週1位)、「Touch My Body」などのヒット曲を残している。
 2015年、Sony Music EntertainmentのEpic Recordsと契約し、5月に新曲を含む新たなベスト・アルバム『#1 To Infinity』のリリースが発表される予定。2015年5月からはラスベガスで『#1’s』と題された長期公演が開催される。

〈WEBサイト〉
アーティストWEBサイト:www.mariahcarey.com
国内Webサイト:https://www.sonymusic.co.jp/MariahCarey/


〈アルバム・ディスコグラフィ〉 ※一部編集盤を除く
● Mariah Carey (1990) 【全米1位】
● Emotions (1991)
● MTV Unplugged (1992)
● Music Box (1993) 【全米1位】
● Merry Christmas (1994) 【オリコン1位】
● Daydream (1995) 【全米1位/オリコン1位】
● Butterfly (1997) 【全米1位/オリコン1位】
● #1’s (1998) ※ベスト・アルバム 【オリコン1位】
● Rainbow (1999)
● Glitter (2001) ※オリジナル・サウンドトラック(日本以外はVirginから発売)
以降ユニバーサル・ミュージックから発売
● Charmbracelet (2002)
● The Emancipation of Mimi (2005) 【全米No.1】
● E=MC² (2008) 【全米No.1】
● Memoirs of an Imperfect Angel (2009)
● Merry Christmas II You (2010)
● Me. I Am Mariah... The Elusive Chanteuse (2014)
※アルバム・チャート順位は、Billboard 200/オリコンに拠る。


rss