1953年4月7日生まれ。’69年、細野晴臣と松本隆に出会ったのを切っ掛けにオリジナル楽曲を書き始め、ぱふというユニットやソロとして、学園祭やコンサートでのライヴ活動を開始。’73年、キャラメル・ママと制作したデビュー・アルバム『扉の冬』をリリース。その後、自身の活動以外に、他のアーティストへの詩や楽曲提供、プロデュース、並びに、アレンジを含むバック・グラウンド・ヴォーカルでのスタジオ・ミュージシャン等、制作スタッフとしてその活動の幅を拡げる。’86年、自主制作CD『BELLS』をリリース。同アルバムに収録の「THANKS TO YOU」は、第33回カンヌ国際広告映画祭で銀賞を受賞。現在までにオリジナル・アルバムを18作品(ライヴ盤とベスト盤は除く)、PONTA BOXとのコラボ・アルバムを2作品、ライヴ映像収録のDVD等を3作品リリースしている。最新アルバムは『Voice in the wind YOSHIDA MINAKO with BRASS ART ENSEMBLE』。