1994年、DrのSHIGEがボストンバークリー音楽院に留学。JAZZの理論と技術を学ぶ。

同校でTAKUMI(Key),TSUYOSHI(G),JUNGO(Ba)と出会い、セッションを始める。1998年、同校卒業後SHIGE,TAKUMIが帰国。ここに地元、町田の友人でラッパーとしてソロ活動中だった山仁 da sportsmanと宮寺(Ba)が参加してLoop Junktionを結成。

地元を中心にストリートライブ、クラブイベント「地中音波」を主催。1999年、TSUYOSHI(G)が帰国し、バンド加入。2001年、宮寺がバンド脱退後、同じく帰国していたJUNGOがバンド加入。

同年秋、RIP CURL RECORDINGSよりミニアルバム「five sketches of city life」がリリース。彼らのサウンドコンセプトが高く評価される。2002年、各地精力的にライブ、クラブイベントをこなしつつ、7月に待望の1stアルバム「Ties」がリリース!!2003年8月には、2nd フルアルバムとなる「Turkey」がリリースされた。





Loop Junktion are,,,,,

YAMAJIN da sportsman(Microphone)

Tsuyoshi゛Iceberg Ohmi"(Guitar)

TAKUMI.K.DOG(Keyboards)

Jungo゛THE DAIBUTSU"(Bass)

Shige゛083LOVE"(Drums&Percussion)