◆竹澤恭子(1966年生まれ)
3歳よりヴァイオリンを始め、桐朋女子高校音楽科在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、併せてレウカディア賞、黒柳賞を受賞。1985年よりジュリアード音楽院に入学し、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫両氏に師事。1986年第2回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで優勝。
国内の主要オーケストラはもとより、海外のオーケストラからもソリストとして度々抜擢されおり、ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、フィラデルフィア管、モントリオール響、ロンドン響、バイエルン放響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管などと共演。指揮者では、クルト・マズア、ズービン・メータ、シャルル・デュトワ、リッカルド・シャイー、ケント・ナガノ、クリストフ・エッシェンバッハ、ヘルベルト・ブロムシュテット、小澤征爾等と共演している。室内楽では、フェスティバル・ソロイスツ(サントリーホール)のコ・ディレクターを務め、アイザック・スターン、ヨーヨー・マらと共演。
アスペン、ラホーヤ、ルツェルンなど、世界の国際音楽祭でも活躍。
2002年から2003年にかけては、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を全国各地で3回に渡って行い絶賛を博した。2005年にはトロント交響楽団、リル国立管弦楽団の定期演奏会、セントルークス室内管弦楽団カーネギーホール公演に出演。またアラン・ギルバート指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の日本ツアーのソリストをつとめた。
2007年には、デビュー20周年記念シリーズをスタートし、3年にわたり国内の主要都市でリサイタルを成功させ、2009年シーズンは、チューリッヒトーンハレ管弦楽団、シカゴ交響楽団の各定期演奏会に招かれるなど、躍進を続けている。RCAレッド・シールより多数のCDをリリース。1993年第3回出光賞受賞。
使用楽器は、日本音楽財団より貸与された1710年製作のアントニオ・ストラディヴァリウス “カンポセリーチェ”(Camposelice)