1969年にカンザス州で結成。1974年にメジャー・デビューを果たす。同年中に1stアルバム『Kansas』、翌年には2ndアルバム『Song for America』と3枚目のアルバム『Masque』を発表した。これら3枚はいずれも最終的にゴールド・ディスクを獲得。1976年 には『Leftoverture』を発表。「Carry On Wayward Son(伝承)」のシングル・ヒットも生まれ、アルバムは同年中に100万枚、トータルで400万枚以上を売る大ヒットとなった。続く1977年発表の『Point Of Know Return』も大ヒット、ここからは「Dust In The Wind(すべては風の中に)」もヒットし、バンドとして確固たる地位を築く。以後もメンバーチェンジをくり返しながらもコンスタントにアルバムを発表。ヴォーカルのスティーヴ・ウォルシュやバンドの象徴的存在だったヴァイオリンのロビー・スタインハートの脱退などが相次ぎ、1983年に解散。 その後大幅にメンバーをかえて再結成。現在も精力的にライヴ活動を続けている。