フリオ・イグレシアスを「中国で最も著名なインターナショナルアーティスト」としてラン・ランが表彰状授与!

2013.04.04

3億枚を超えるレコード・セールスを記録し、ギネスブックで「史上最も多くのレコードを売ったラテン・アーティスト」として認定されている、フリオ・イグレシアス。現在69歳にして、これ以上ない成功を収めながらも、人口13億人を超える中国でも新たな金字塔を打ち立てた。

フリオは20年ぶりに中国に赴き、4月1日に「中国で最も著名なインターナショナルアーティスト」としてソニー・ミュージックのラン・ランより表彰状を授与され下記のように語った。
「初めて中国に行ったのは1971年のことで、そのときに『この国は今より大きく、力ある国になるだろう』と感じたことを覚えているよ。今回、このようにずっと私の胸の中にあった国で表彰していただけて大変光栄です。中国の皆さま、本当にありがとう。」

フリオに賞状を授与するのにふさわしい人物は、ラン・ランの他にいないだろう。中国出身のラン・ランも、若手ながら今や世界各地でソールドアウトショーを連発する国民的アーティスト。今回が世代の違う偉大な二人の初対面となったのだ。ラン・ランは下記のように語る。
「フリオ・イグレシアスは世界的成功を収めているだけでなく、そもそも「人」として見習うべき点だらけだ。」

それもそのはず、 フリオ・イグレシアスはミュージシャンとして活躍する以前に、サッカー選手として大きな挫折を経験しているのだ。フリオはサッカーの名門レアル・マドリードのユース・チームでゴールキーパーを務めていたのだが、晴れて1軍選手に登録された矢先、交通事故で全治約5年の瀕死の重傷を負い、選手生命を断たれた。療養中にギターをはじめ、それがミュージシャンとしての活動が始まるきっかけとなった。一度は大きな挫折を味わいながらも、立ち上がり、成功をおさめたのだ。

そして、昨年発売されたベスト・アルバム『1』が各国でCDが大ヒットになったのは勿論だが、iTunesチャートでも多くの国でNo.1を獲得し、本人は「過去最大の成功作」になったと語る。フリオは音楽を収録するメディアが「レコード」、「CD」、「デジタル配信」と変わっても、全ての時代で活躍し続けている至高な存在なのだ。『1』は日本でも好評発売中である。

iTunes Store


rss