JOURNEY:

Neal Schon / ニール・ショーン:Guitars, Background Vocals

Jonathan Cain / ジョナサン・ケイン:Keyboards, Lead Vocal*, Background Vocals

Ross Valory / ロス・ヴァロリー:Bass Guitar, Background Vocals

Deen Castronovo / ディーン・カストロノヴォ:Drums, Background Vocals

Steve Augeri / スティーヴ・オウジェリー:Lead Vocals





[1973年]

*“サンタナ”が傑作アルバム「キャラバン・サライ」を発表した直後、ニール・ショーン(G)とグレッグ・ローリー(Key)が脱退。



[1974年]

* この2人を中心としてジャーニー結成。オリジナル・メンバーは他にロス・ヴァロリー(B)、エインズレイ・ダンバー(Drs)、ジョージ・ティックナー(G)



[1975年]

* デビュー・アルバム「宇宙への旅立ち」リリース。



[1976年]

*「未来への招待状」リリース。



[1977年]

*「NEXT~果てしなき挑戦」リリース。



[1978年]

* スティーヴ・ペリーがVoとして加入。ロイ・トーマス・ベイカー・プロデュースによる「インフィニティ」リリース。“ホイール・イン・ザ・スカイ”“ライツ”“エニィタイム”等のシングルヒット曲もあり、全米最高位21位。200万枚のセールスを記録。スーパースターへの第一歩となった。



[1979年]

* モントローズからスティーヴ・スミスがDrsとして加入し「エヴォリューション」をリリース。“TOO LATE”“ラヴィン・タッチン・スクイージン”のシングル・ヒットで全米最高位20位、200万枚のセールスを上げる。

*同年4月初来日公演を行う。



[1980年]

*「ディパーチャー」リリース。“お気に召すまま”が大ヒット、全米最高位8位、300万枚のセールスを上げる。

*同年10月、2度目の来日公演。その後高田賢三プロデュースの映画「夢、夢のあと」のサントラを日本でレコーディング。12月に同アルバムリリース。



[1981年]

* ジャーニー初のライヴ・アルバム「ライヴ・エナジー」リリース(全米最高位9位)。これを期にグレッグ・ローリーが脱退。後任に元ベイビーズのジョナサン・ケインが参加。同年7月、初の全米NO.1となった「エスケイプ」リリース。“クライング・ナウ”“ドント・ストップ・ビリーヴィン”の大ヒットもあり800万枚の売上!!

*「エスケイプ」リリース直後に3度目の来日。サンタナの飛び入りもあった。

* ニール・ショーン&ヤン・ハマーによるプロジェクトで「閃光」リリース。



[1982年]

* 前年から1年にわたるツアーの締めくくりとして4月、4度目の来日。

* 再びニール・ショーン&ヤン・ハマーによるプロジェクトで「パワー・オブ・エナジー」リリース。



[1983年]

*「フロンティアーズ」リリース。“セパレート・ウェイズ”“オープン・アームズ”“時への誓い”等のメガ・ヒット・シングルを生み、全米最高位2位、1,000万枚のセールスを上げ、名実ともにNO.1アメリカン・バンドとしての地位を確立。

* 3月、5度目の来日。武道館を2回ソールド・アウトにする。



[1984年]

* スティーヴ・ペリー初のソロ・アルバム「ストリート・トーク」リリース。“Ohシェリー”が大ヒット。またニールはサミー・ヘイガーをVoに迎えたHSASというプロジェクトで「THROUGH THE FIRE」リリース。個々の活動がメインとなっていった。



[1985年]

* スティーヴ・ペリー「U.S.A.FOR AFRICA」に参加。

* 映画「ヴィジョン・クエスト」のサントラに収録された“オンリー・ザ・ヤング”が全米最高位9位の大ヒット。



[1986年]

* 3年振りの「RAISED ON RADIO」リリース(全米最高位4位、400万枚)。この時点でロス・ヴァロリー、スティーヴ・スミスが脱退。事実上活動停止状態になる。



[1987年]

* 3月,「ベイ・エリア・ミュージック・アワード」にて演奏。それはニール、ジョナサンに加えてベースにランディー・ジャクソン、ドラムにナラダ・マイケル・ウォルデン、そしてヴォーカルにはマイケル・ボルトンだった。



[1988年]

* 「グレイテスト・ヒッツ」リリース。驚異的ロングセラーとなり900万枚のセールスを記録。今だに売れ続けている。



[1989年]

* ニール・ショーンはソロ・アルバム「レイトナイト」リリース。その後ジョナサン・ケイン、ジョン・ウェイトらとともにバッド・イングリッシュ結成、来日も果たす。(2枚のアルバムをリリースして、91年解散)



[1991年]

* 10月ビル・グレアム追悼のコンサートでニール、スティーヴ、ジョナサンの3人が5年振りに再会。

* グレッグ・ローリー、スティーヴ・スミス、ロス・ヴァロリーらによるTHE STORMの「THE STORM」リリース。



[1992年]

* 集大成ボックス・セット「TIME3~永遠の旅立ち」リリース。

* ニールのニュー・バンドHARDLINEのアルバム「DOUBLE ECLIPSE」リリース。



[1994年]

* スティーヴ・ペリー、10年ぶりとなるセカンド・ソロ「ストレンジ・メディスン」リリース。



[1995年]

* ジョナサン・ケインのソロ・アルバム「BACK TO THE INNOCENCE」リリース。

* マライア・キャリーがアルバム「DAYDREAM」で“OPEN ARMS”をカバー。

* スティーヴ・ペリー、ニール・ショーン、ジョナサン・ケイン、ロス・ヴァロリー、スティーヴ・スミスという黄金のラインナップで再結成。曲作り、リハーサルを開始。



[1996年]

* 4月、10年振りとなるニューアルバムのレコーディングに突入。

* 10月シングル「WHEN YOU LOVE A WOMAN」、ニュー・アルバム「TRIAL BY FIRE」リリース。

* シングル「WHEN YOU LOVE A WOMAN」はビルボード最高位12位、アルバム「TRIAL BY FIRE」は最高位3位、シングル・アルバムともプラチナ獲得する大ヒットを記録。



[1997年]

* 幾度となく再結成ツアーの情報が流れるが、スティーヴ・ペリーの腰の怪我の状況が芳しくなく、未定延期に。



[1998年]

* 4月8日「GREATEST HITS LIVE」リリース。

* 5月7日のプレスリリースをもってジャーニーからスティーヴ・ペリーが正式に脱退(同時にステーヴ・スミスも自身の道を求め脱退。以前からやりたかったJAZZ BANDで活動)。新ヴォーカリスト、スティーヴ・オウジェリー、新ドラマー、ディーン・カストロノヴォを迎え“新生ジャーニー”として活動することを宣言。

* 新生JOURNEY第一弾!超強力サントラ「アルマゲドン」に、新しいメンバーでのファースト・レコーディングとなった新曲“REMEMBER ME”を提供。映画も大ヒット、サントラも全米NO.1を獲得。

* 6月に15年ぶり6度目となる来日公演が実現。81年ESCAPE TOUR、83年FRONTIERSツアーと同様、ワールド・ツアーの一発目に日本を選ぶ。来日公演は新旧交えたベスト・セレクション的内容で「トライアル・バイ・ファイアー」からのナンバーも初めて披露!(6月20,21日東京国際フォーラム ホール、6月22日大阪厚生年金会館、6月25日名古屋センチュリー・ホール)

* 10月10日から全米ツアー“VACATION'S OVER TOUR”スタート。12月31日まで全米55カ所を回る大規模ツアー実施。



[1999]

* 6月2日から「VACATION'S OVER TOUR '99」をスタート。フォリナーとともに9月6日まで全米60カ所をくまなくツアー、復活をアピール。

* ツアーの合間を縫ってニューアルバムのための曲作りを開始。



[2000]

* 初頭よりニューアルバムのためのレコーディングをスタート。プロデューサーには前作同様ケヴィン・シャーリーを起用。

* 3月にはオフィシャル・サイトでステイトメントを発表。「エスケイプ」の2000年ヴァージョン!のような雰囲気のアルバムで、秋からツアーもスタート予定と宣言。