3/30 京都磔磔ライヴ・レポート

2010.04.01

 ブルースやジャズからカントリー、フォークなどに至る米国ルーツ・
ミュージックの華やかでザッツ・エンタテイメントな部分よりも、
ややスモーキーで翳りのある部分。その豊かな米国音楽の遺産を21世紀に
継承するジョー・ヘンリーの初来日公演は、古き良き音楽への偏愛に満ちて
いながらも懐古趣味ではなく、逆にライブとなると妙にクリアになり過ぎる
でもない。

曲調に合わせてギブソンの1932年製と35年製(!)という超ヴィンテージな
2本のアコースティック・ギターとピアノを伴奏楽器として使い分けながら、
ゆったりと1曲1曲をストーリー性豊かに歌い込みつつ進行していったライブは、
シンプルなバッキングを得て改めて歌い手/ソングライターとしての非凡さ
を浮き立たせるとともに、彼が多様な米国ルーツ・ミュージックの長い歴史の
延長線上に位置する才人であることを確信させる一夜となった。

 CDでは綿密に作り込まれたサウンドの重厚さに耳を奪われがちになるが、
トリオ編成の今回はよりシンプルな印象。曲によってツィンバロムやペダル・
スティールのような音色も繰り出すパトリック・ウォレン(key)と、
弓弾きからウッド・ベースのボディを叩いて打楽器的な役割もこなす
デヴィッド・ピルチ(b)による変幻自在の巧みなサポートも大きな聞き
どころだろう。

 また、楽曲面では昨年にリリースされた最新作『ブラッド・フロム・スターズ』
の収録曲を中心としつつ、マドンナが2000年にヒットさせた「ドント・テル・ミー」
の原曲として知られる「STOP」(01年作の『SCAR』収録)も。詳しくは実際に
観てのお楽しみだが、それ以前に発表されたアルバム収録の代表曲も幅広く
取り上げられた。

 ライブ後に連想したのは、よく近似性を指摘されるトム・ウェイツやオルタナ・
カントリー勢などよりも、意外にもむしろルー・リードやボブ・ディラン、
あるいはブルース・スプリングスティーンといった米国音楽界の大物たち。
音の細部にまで凝りに凝ってハードボイルドな世界を構築したCD作品も素晴らしいが、
ライブではジョー・ヘンリーの音楽が内包している普遍的な魅力がよりダイレクト
に伝わってくると思う。お見逃しなく!

(吉本秀純さんのレポートです!)
rss