マスケティアーズにはなれなかったけど、シンガーの夢を見つける

1980年7月10日、テキサス州ダラス生まれ。教会の牧師をしていた父親の影響で、小さい頃から教会でゴスペルを歌い、歌のスキルを磨く。ラジオから流れてくる音楽に合わせて歌うのが大好きで、尊敬するアーティストはセリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、トニ・ブラクストンなど。12歳の時、有名なミッキー・マウス・クラブ(ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ジャスティン・テンバーレイクなどを輩出した人気番組)のオーディションを受け、最終審査まで残ったものの、そこで緊張のあまりしくじって落選したという過去も。しかしまだ幼い頃のこの失敗により、ジェシカは自分のシンガーへの夢をより強く自覚し、その夢に向かって真剣に努力を続けるようになる。



逆境をバネにクリスチャン・ミュージック界のスターに

13歳のとき、小さなゴスペル・レーベルと契約してアルバム制作にとりかかるが、3年後不運なことにレーベルが閉鎖に。しかしジェシカは夢を捨てず、出来上がった曲を手にクリスチャンの集会を回り始めた。自費制作のレコードを、父親の説教のあとにパフォーマンスして手売りするという地道な活動を全米中で続けたのだ。あっという間にクリスチャン・ミュージックの世界で評判となり、時には大御所カーク・フランクリンやゴッズ・プロパティ、シーシー・ワイナンズらとステージを共にするまでになる。



トミー・モトーラと運命の出会い−シンデレラ・ストーリーの始まり

さらに噂はポップ・ミュージック界にも飛び火、争奪戦の末、ジェシカはあのマライア・キャリーを発掘したことでも有名な(元)ソニー・ミュージックCEO、トミー・モトーラのオフィスでオーディションを受ける。彼は一瞬のうちにジェシカの持つ素晴らしい素質と才能を見抜き、即刻契約。『君は君自身の心と音楽のパワーで、これからの世界を変えていくんだ』と感激するジェシカに言葉をかけたという。「自分の信念と、自分のヴォーカルをより多くの人に聴いてもらうためには、クリスチャン・ミュージックの枠を越えてポップ・ミュージックの世界に入ることが必要だと感じたの。だから迷いはまったくなかったわ」とジェシカは語る。‘97年のことだった。



じっくりと練られたデビューへの布石

しかしそこからデビューまでの道のりは長く、2年4ヶ月もの歳月をかけて、じっくりとアルバムを制作していくこととなる。さらにデビュー前、‘99年2月より98 Degreesの北米ツアーのオープニング・アクトとして60公演をこなす。同じ頃、アメリカの人気TVドラマ『ドーソンズ・クリーク』にジェシカの曲”Did You Ever Love Somebody”が使われ、大ヒットを記録したサントラ盤にも収録された。同年夏には、全米8大都市でパフォーマンスを披露し、素晴らしいヴォーカル・ワークで業界関係者の度肝を抜く。さらに10月からはリッキー・マーティンの全米ツアーに同行、アリーナ級の会場で超満員の観衆を拍手喝采させる。9月末にようやくリリースされたデビュー・シングル”I Wanna Love You Forever”はじりじりとチャートを上昇、ついにビルボード・チャート5週連続総合3位、同セールス・チャートではなんと6週連続1位を独走。プラチナ(100万枚)を超える売上を達成して、一躍注目の的となった。



デビュー、そして現在.....最高にHAPPYな新作到着!

このように、米コロンビア・レコードが送る“ニュー・ミレニアムのマライア・キャリー”として2000年に華々しくデビューを飾ったジェシカ・シンプソン。抜群の歌唱力を披露した感動のバラード“アイ・ウォナ・ラヴ・ユー・フォーエヴァー”、爽やかなポップ・ソング“アイ・シンク・アイム・イン・ラヴ”の連続ヒットでデビュー・アルバム「スウィート・キッシーズ」は全世界400万枚の大ヒット作に。続く「イレジスタブル」ではアルバム・チャート初登場6位を決め、シンガーとして順調なキャリアを歩んできたジェシカ。02年には以前からつきあっていた98ディグリーズのニックと結婚。公私ともにシンデレラ・ストーリーそのものの生活を送り、その模様はMTVのリアリティTV「ニューリー・ウェッズ」で紹介された(MTVを代表する人気番組になった)。その後もジェシカの快進撃はとまらない!03年3rdアルバムの「イン・ディス・スキン」では400万枚を超えるビッグ・セールスを記録。05年には映画界にも進出、初主演映画『デュークス・オブ・ハザード』で初登場1位となり、アーティストとしてだけでなく女優としても開花!

ところが、そんな幸せがずっと続くと思っていた同年、プライベートで突然の悲しい出来事-3年間の結婚生活に終止符をうつこと-がおそった。しかし彼女は辛い時期を経験するもレコーディングを続行。そして06年、デビューから在籍していたコロンビアからエピックレーベルへレコード会社を移籍し、プライベイトも仕事も心機一転!そんな激動期を乗り越えて完成させた今作で、ジェシカは全13曲のアルバムの中で10曲のソングライティングを手がけており、プロデュースにはレスター・メンデス(シャキーラ)、ジミー・ジャム&テリー・ルイス(ジャネット・ジャクソン)、コリー・ルーニー(JLO)、スコット・ストーチ(50セント)、スターゲート(ビヨンセ)といった業界の大物達が名を連ねている。1stシングル「ア・パブリック・アフェア」は、ラジオ解禁されるやいなや全米で最もOAされた楽曲としてリスト・アップ!人を惹き付けてやまないジェシカが、最高“ハッピー”な傑作をひっさげて戻ってきた!