映画『ジャニス』のライヴハウス上映に、伝説のモンタレーで、ジャニスを目撃した亀渕昭信氏が登壇決定!

2018.12.20

Ⅰ|27歳という若さでこの世を去ったジャニス・ジョプリンの熱く短い人生の足跡をライヴ映像と生前のインタビューで辿るライヴ映画『ジャニス』(74年作)が、世界初ブルーレイ化され2019年1月9日に発売。

 

Ⅱ|映画『ジャニス』のブルーレイ化を記念し、ジャニス・ジョプリン生誕日(1943年1月19日)の翌週1月22日(火)に、本作をZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にて一夜限定の上映。 


Ⅲ|全米で8週1位を記録した『チープ・スリル』('68年作品)の発売から50周年を迎え、25曲の未発表を収録したCD2枚組『チープ・スリル(50周年記念エディション)』が好評発売中。

 

Ⅳ|ジャニスを一躍有名にした伝説のフェスモンタレー・ポップ・フェスでジャニスを観たポピュラー音楽研究家の亀渕昭信氏が、Zepp DiverCity(東京)にご登壇。Zepp Namba(大阪)は、音声のみ生中継。

 

Ⅴ|ライヴハウスのPA音響で、来日公演が叶わなかったジャニス・ジョプリンのライヴを疑似体験!プレミアム・エリアは東阪ともに即完し、追加席を販売。本日12月20日(木)15:00より、各プレイガイド、全国のコンビニにて一般発売開始!

http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=279066:P5=0001:P6=001

 

 

 

『私は、自分の声に誠実であろうとしただけ』  ジャニス・ジョプリン

 

タイトル|ジャニス・ジョプリン,ライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『ジャニス』世界初BD化記念、一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東阪

原題|JANIS

日程|2019年1月22日(火)

開場|6:30pm 開演|7:30pm

会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)  

登壇|亀渕昭信(ポピュラー音楽研究家)

*Zepp Tokyoにご登壇いたします。

*本編上映前の19時頃に登壇予定です。

*登壇は、予告なく変更になる場合がございます。また都合により、ご本人の登壇が中止になる場合もございます

*上映詳細はこちら

http://www.110107.com/s/oto/page/zepp_janis?ima=3448

【1974年|米国|97分|2ch|4:3|BD|カラー・モノクロ|日本語字幕】

 

キネマ最響上映 公式ホームページ|http://www.110107.com/zepp-de-zekk

企画・主催|(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト  

協力|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社、(株)ソニー・ミュージックレーベルズ 

 ©1974 Universal Studios. All Rights Reserved.        

 

 

『チープ・スリル』が、25曲に及ぶ未発表音源を満載し完全復刻!絶賛発売中!

過激すぎるという理由でレコード会社から却下された幻のオリジナル・タイトル『Sex, Dope & Cheap Thrills』が表記された『チープ・スリル(50周年記念エディション)』には神話化された68年のスタジオ・セッションからの29曲と68年4月ウィンターランド・ボールルーム録音の「ボールとチェーン」未発表ライヴ音源を含む30曲(内25曲は未発表)ものレアな演奏を収録。ジャニス・ジョプリンの名を世界に知らしめたビッグ・ブラザー&ザ・ホールティング・カンパニーのアルバム『チープ・スリル』が生まれたセッションだ。

 

『チープ・スリル(50周年記念エディション)』より公開中の2曲

「心のカケラ (テイク4)」

https://www.youtube.com/watch?v=AxXg4Irb6yE

 

「ボールとチェーン(ライヴ、ウィンターランド・ボールルーム、4月12日、1968年)」 

https://www.youtube.com/watch?v=bUocr5lV6Kk

 

 

1968年8月12日に発売された『チープ・スリル』は即座に大ヒットとなり、チャート1位を記録する。1967年のモンタレー・ポップ・フェスティバルでの評判もあり、ジャニス・ジョプリンはロック初のサイケデリック・ソウル・シンガーという地位を確固たるものとし、今もなお後世に影響を与え続ける、ロックミュージックのアイコンとなった。『チープ・スリル(50周年記念エディション)』はそんな1968年のスタジオ・セッションに立ち返り、ジャニス・ジョプリンという天才と、そんな彼女がビッグ・ブラザー&ザ・ホールティング・カンパニーのメンバーたちと共有した途轍もない歴史的瞬間に新しい光を当てている。

 

1967年のモンタレー・ポップ・フェスティバルでの演奏によりビッグ・ブラザーはその名を全国に轟かせる。ジャニスのとどまることを知らない全力の歌声に観客は総立ちとなった。その場にいたCBSレコード社長のクライヴ・デイヴィスはビッグ・ブラザー&ザ・ホールティング・カンパニーをColumbiaレコードとの契約にこぎつける。ジョン・サイモンをプロデューサーに迎えた『チープ・スリル』はバンドのむき出しの才能と最前線の演奏力をそのまま抽出し、「愛する人が欲しい」「ふたりだけで」といった魅力溢れるオリジナル曲の他に、ジョージとアイラ・ガーシュウィンの「サマ-タイム」、ビッグ・ママ・ソーントンの「ボールとチェーン」、そしてジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズによるソウル・バラードの名曲「心のカケラ」といったジャズやブルースの人気曲のカヴァーが収録された。「心のカケラ」はジャニスの代表曲となり、彼女の存命中チャート最上位を記録したシングルとなった。

 

『チープ・スリル』は1968年10月から12月にかけて、2度に渡り累計8週間ビルボード200アルバム・チャートの1位に輝いた。

 

|商品情報|

ジャニス・ジョプリン/ビッグ・ブラザー&ザ・ホールティング・カンパニー

『チープ・スリル(50周年記念エディション)』

解説・歌詞・対訳付◆SICP5935-6(2枚組)◆¥3,600+税

 

<収録曲>

DISC 1   

1. ふたりだけで (テイク3)

2. 愛する人が欲しい (テイク4)

3. サマ-タイム* (テイク2)

4. 心のカケラ (テイク6)

5. ハリー (テイク10)

6. タートル・ブルース (テイク4)

7. オー、スウィート・マリー

8. ボールとチェーン(ライヴ、ウィンターランド・ボールルーム、4月12日、1968年)

9. 通行止め* (テイク1)

10. キャッチ・ミー・ダディ (テイク1)

11. イッツ・ア・ディール * (テイク1)

12. イージー・ワンス・ユー・ノウ・ハウ * (テイク1)

13. ハウ・メニー・タイムズ・ブルース・ジャム

14. フェアウェル・ソング (テイク7)

 

DISC 2  

1. フラワー・イン・ザ・サン (テイク3)

2. オー、スウィート・マリー

3. サマ-タイム (テイク1)

4. 心のカケラ (テイク4)

5. キャッチ・ミー・ダディ (テイク9)

6. キャッチ・ミー・ダディ (テイク10)

7. 愛する人が欲しい (テイク3)

8. ハリー (テイク9)

9. フェアウェル・ソング (テイク4)

10. ミズリー (テイク2&3)

11. ミズリー (テイク4)

12. マジック・オブ・ラヴ * (テイク1)

13. タートル・ブルース (テイク9)

14. タートル・ブルー(ラスト・ヴァーステイク1-3)

15. 心のカケラ (テイク3)

16. フェアウェル・ソング (テイク5)

*の5曲を除き全て未発表

 

▼当商品の特設サイトはこちら

http://www.110107.com/janis_50th


rss

関連商品