月のかけら
2004.12.01
シングル
¥1,165+税
VVCL-14
清く、凛々しく起立したその歌は存在感抜群!18才のデビューシングル。
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. 月のかけら
  • 2. 宿命
  • 3. 月のかけら−Instrumental−
エスニックなサウンドを取り入れたデビュー曲「月のかけら」、その楽曲世界に漂うのは“無常感”。
「人間社会、自分の身の回りに起こることすべてをはかないと感じる」その感覚を、ワルツ(三拍子)のリズムに乗せ、18歳の少女が歌う。 加えて、そんな人間(別れに直面した恋人たち)を俯瞰で見下ろす“月”の視点が、詞世界に一層の陰影を作り出している。
そして、その“無常感”を受け入れながらも、より幸せでありたいと願う“想い”も行間には溢れ、深遠かつ幻想的でありながらも今日的な「儚き歌世界」を作り出している・・・。
“情熱的な想い”と“冷めた視線”、その両方を併せ持つ歌。ただ情熱的なだけではなく、ただ冷めているだけでもない。そのバランスが、牧伊織の歌に説得力を生む。


購入・ダウンロード

×

モバイルダウンロード