9月1日、伝説の55年ゴールドベルクの全貌が初めて明らかに!グレン・グールド生誕85年を記念し、グレン・グールド・エステイト全面協力により、『グレン・グールド/ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』[CD7枚組+LP1枚] 完全生産限定盤 リリース!

2017.07.14

[グレン・グールド生誕85年記念リリース/グレン・グールド・エステイト全面協力]

グレン・グールド

ゴールドベルク変奏曲


コンプリート・レコーディング・セッションズ1955

[CD7枚組+LP1枚] 
完全生産限定盤

88843014882 
Glenn Gould: The Goldberg Variations 
The Complete Unreleased Recording Sessions  



■初回生産限定盤 ■7CD+1LP予定
■仕様予定(変更の可能性もあります)
・280ページのLPサイズのオールカラー・ハードカヴァー別冊解説書
・CD7枚は別冊解説書の表2および表3に設けられたポケットに収納
・DISC1~5はオープン・リールのハブデザインのレーベル使用
・DISC6、DISC7は発売当時のコロンビアおよびCBSのレーベル・デザインを使用
・DISC7はアメリカ盤初出LPジャケット・デザインを採用した紙ジャケットに封入
・LPは同じくアメリカ盤初出LPジャケット・デザインを採用したゲートフォールド・ジャケットに封入
・90cm x 60cmのグレン・グールド・ポスター(撮影:ダン・ワイナー)
・以上を厚紙製収納用スリップケースに封入 サイズ: 横 31cm x 縦 31 cm x 高さ 6.5 cm
・重量5キロ
・収録時間6時間52分 


グールド伝説はいかにして誕生したのかーーー門外不出の55年6月ゴールドベルク・セッションの全テイクを含む、ピアノ演奏と録音の歴史を変えた4日間の完全ドキュメント。

■20世紀クラシック録音史上最も成功を収めたグールドのデビュー盤「ゴールドベルク」

20世紀に隆盛を極めたレコード産業は数々の伝説的なアーティストを生み出してきました。1956年1月に発売されたグレン・グールドの最初のゴールドベルク変奏曲は、史上最も成功を収めたクラシック音楽のアルバムであり、録音史のアイコン的存在でもあります。グールドの生誕85年を記念し、グールド・エステイトの全面協力を得て発売されるこの『グレン・グールド/ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』は、当時22歳だったグールドにとって米コロンビア・レーベルへのデビューとなったこの伝説的な録音が生み出された、1955年6月10日~16日の間の4日間にニューヨークのコロンビア30丁目スタジオで行なわれた録音セッションの全てを世界で初めて一つのパッケージに収めたボックス・セットです。この伝説的なセッションの模様の一部はこれまで2002年発売の『A State of Wonder Glenn Gould The Complete Goldberg Variations』(トータルで12分32秒分のアウトテイク)、2005年発売の『グレン・グールド 1955年のゴールドベルク変奏曲 伝説の誕生』(トータルで7分12秒分)でCD化されてきましたが、その全貌が公開されるのは今回が初めてです。

■伝説的なアルバムが生み出されていく過程を追体験
CD1~CD5には4日間に収録されたセッションの全テイクが、テイク間のグールドとプロデューサーであるスコットとのやり取りも含めて、各変奏ごとに収録され、1955年6月10日(金)の朝に響いたアリアの最初の音から、ダ・カーポ・アリアの最後の音が消えた6月16日(木)の夜11時ごろまでのその伝説の4日間に、30丁目スタジオで起きたことの一部始終を、グールドやプロデューサーのハワード・スコット、エンジニアのフレッド・プラウトのすぐそばで見聞しているかのような体験に導いてくれます。CD6は1981年の「ゴールドベルク変奏曲」再録音の発売に際してCBSが企画した販促用のインタビューで、「ゴールドベルク変奏曲」の新・旧録音とともに3枚組のLPとして1984年に発売されたもの。CD7は55年録音の最終編集版の最新DSDリマスター(2015年発売の『グレン・グールド・リマスタード ザ・コンプリート・アルバム・コレクション』に際してリマスターされたもの)です。LPは、CD7と同じ2015年のDSDリマスターを使ってチェコのGZメディアでプレスされた180グラム重量盤LPとなります。


■280ページの別冊解説書は、これまでに類を見ない、貴重な資料のオンパレード
280ページ、オールカラーの別冊解説書には、この伝説的なセッションをめぐるグールド研究者のエッセイ、オリジナル・プロデューサーへのインタビューのほか、当時のコロンビア・レコードが保管していたさまざまな記録書類や関連資料の現物をスキャンした写真を掲載し、どのようにグールドのデビュー盤が作り上げられていったかについて、まるで歴史的遺産を扱うかのような緻密なドキュメンテーションがなされています。グールドプロデューサーとの対話は全て英文でスクリプト化され(独/仏訳付き)、該当するテイクの演奏箇所を赤インクで示した全曲の楽譜とともに、セッションの進行をつぶさに辿っていくことが出来ます。またグールドが「ゴールドベルク変奏曲」を録音した同じ日に、30丁目スタジオで誰が何を録音したか、収録はどういう順序で行なわれたか、表紙に使われた30枚の写真(セッション初日に写真家ダン・ワイナーによって撮影)がどのように撮影され、どの写真が選ばれて配置されたか、LPのカッティングはどのように行なわれたか、録音に使われた30丁目スタジオ(外観/内部写真も掲載)やプロデューサーのスコット、エンジニアのプラウトについての情報など、当時のレコード制作のプロセスを生々しく追体験できるような詳細な情報が網羅されています。


グールドのデビュー盤誕生の現場を追体験


  2000年3月、ニューヨークのソニー・クラシカル本社を訪れたとき、「グレン・グールドの録音のアウトテイクは発売しないのか?」と私は担当者に尋ねた。

「確かにアウトテイクの録音テープは倉庫に眠っている。しかし、それを選ぶには、倉庫からの搬出費が発生するし、スタジオでは、必ずエンジニアを雇って再生機器を操作してもらわなくてはならない。コストがかかりすぎるから、事実上無理だ」――というのがそのときの答えだった。
 それなのに、今回の企画はどうだ。1955年6月にニューヨークの「30丁目スタジオ」で行われた、グールドのデビュー盤《ゴールドベルク変奏曲》のセッションのすべてのテイクをリリースするというのだ。
 これまでにも『ステイト・オヴ・ワンダー』(2002年)や『伝説の誕生』(2005年)といった記念アルバムで、リマスタリングされたデビュー盤《ゴールドベルク変奏曲》と、録音風景の一部が(つまりアウトテイクが)公表されていたが、今回は、アリアと30の変奏すべての複数テイクや、インサート・テイク、リメイク・テイクが5枚のCDに収められており、グールドの録音に最初から最後まで立ち会っているような気分にさせてくれるだろう。そして「ファイナル・エディット」である完成盤は、CDとLP(180gヴァイナル)の両方が用意されている。また、1981年収録の有名な「ティム・ペイジとの対話」も改めて聴ける。あわせてCD7枚、LP1枚がこのボックスの音源だ。どれだけコストをかけてでも「すべて」を世に出す価値があると考えた関係者の熱意が伝わってくる。
 加えて素晴らしいのは、カラーで約280ページにもおよぶ、大判の解説書である。おなじみのミヒャエル・シュテーゲマンやケヴィン・バザーナの解説に加え、この《ゴールドベルク》のオリジナル・プロデューサー、ハワード・スコットのインタヴュー(再録)、今回の企画のプロデューサー、ローベルト・ルスによるアウトテイクに関する詳細なレポートも収録されている。楽譜も掲載され、アウトテイクの演奏部分の照合ができるなど、親切な作りだ。そして、やはり写真が魅力的だ。グールドの未発表のポートレイトやスタジオの風景も多数掲載されているし、録音・編集時の作業用書類もカラーで複写されている。ジャケットや盤面ラベル(複数ある!)の写真等を含め、すべての画像に時代の空気が漂っており、LPを愛聴したグールド・ファンにとっても、CD世代やポストディスク世代のグールド・ファンにとっても、興味の尽きないアイテムとなろう。
 1956年1月に北米で、同年11月に日本で発売されたグールドのデビュー盤《ゴールドベルク変奏曲》は、今なお、みずみずしく、いとおしい。今回の『ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』を通して、その誕生の現場を追体験してみてほしい。

宮澤淳一

 

 

■別冊解説書の掲載内容(記述は英語/ドイツ語/フランス語)

①デボラ・イシュロン「7つ道具」(1956年デビュー盤のプレス・リリース)
②ミヒャエル・シュテーゲマン「ゴールドベルク変奏曲」【新規】
③ケヴィン・バザーナ「グレン・グールド伝説の誕生」【新規】
④ミヒャエル・シュテーゲマン「プロデューサーは語る~プロデューサー、ハワード・H・スコットへのインタビュー」(2005年発売の『グレン・グールド 1955年ゴールドベルク変奏曲 伝説の誕生』の解説書所収)
⑤ローベルト・ルス「今回の発売に当たって」【新規】
⑥CD1~5のトラックリストと語りの全スクリプト
⑧ゴールドベルク変奏曲の全楽譜(演奏箇所の表示入り)
⑨グレン・グールド「ゴールドベルク変奏曲」(1956年発売の初出LP所収のグールド自身による曲目解説)
⑩コロンビア30丁目スタジオ、ハワード・H・スコット(プロデューサー)、フレッド・プラウト(エンジニア)について
⑪45枚に及ぶ録音セッション時の未発表写真、アナログ・マスターテープ(スコッチ社製)の外箱とリールの写真
⑫ソニー・クラシカル・アーカイヴに保管されている「ゴールドベルク変奏曲」にまつわるさまざまな当時の記録書類や関連資料(現物をスキャンした写真で掲載)
・アーティスト・コントラクト・カード
・グールドの専属契約書(最終頁、グールドと当時のコロンビア社長ゴッダード・リーバーソンの署名入り)
・30丁目スタジオの録音スケジュール表(6月6日~16日までの連日のスタジオ使用状況を記したリスト)
・米国音楽家協会録音報告書
・録音セッションの全テイクシート(エンジニアが録音セッションでのテイクを記録したもの)
・編集/マスタリング指示書
・レーベルコピー
・LPカッティング指示書(LP製造の際のカッティングの履歴を記したカード) など


★については、ソニー・ミュージックレーベルズより出荷される商品に特典として付与される<日本語スペシャル・ブックレット>に、宮澤淳一氏による新規解説とともに、日本語訳が掲載される予定です。

■収録予定曲

バッハ:ゴールドベルク変奏曲BWV988
CD 1
アリア テイク1–6 第1変奏 
テイク1–3; リメイク・テイク1–13
第2変奏 テイク1–13
第3変奏 テイク1–3
第4変奏 テイク1–10
第5変奏 テイク1–9

CD 2
第6変奏 テイク1–16
第7変奏 テイク1–5; リメイク・テイク1–10
第8変奏 テイク1–3
第9変奏 テイク1–10
第10変奏 テイク1/2
第11変奏 テイク1–8

CD 3
第12変奏 テイク1–18

第13変奏 テイク1–5

第14変奏 テイク1/2

第15変奏 テイク1–6

第16変奏 テイク1/2; インサート1、テイク1–3

第17変奏 テイク1–4; インサート1、テイク1–5

CD 4
第18変奏 テイク1–11

第19変奏 テイク1–5

第20変奏 テイク1–4

第21変奏 テイク1–6; インサート1 テイク1/2

第22変奏 テイク1–4; インサート1

第23変奏 テイク1–11; リメイク・テイク1–3

第24変奏 テイク1–12; インサート1 テイク1–4

CD 5
第25変奏 テイク1/2

第26変奏 テイク1–3; インサート1 テイク1

第27変奏 テイク1–4

第28変奏 テイク1–4

第29変奏 テイク1

第30変奏 テイク1–3
 アリア リメイク・テイク1–12

CD 6
「ゴールドベルク変奏曲」について~グレン・グールドとティム・ペイジとの対話

CD 7
ゴールドベルク変奏曲BWV988(最終編集版)

LP
ゴールドベルク変奏曲BWV988(最終編集版)[180グラム重量盤LP]


グレン・グールド(ピアノ)
グレン・グールドおよびハワード・H・スコット(CD1~5のセッション中の対話)
グレン・グールドおよびティム・ペイジ(CD6、語り)

[録音]1955年6月10日、14日~16日、ニューヨーク、コロンビア30丁目スタジオ(CD1~5、7、LP)、1982年8月22日、トロント(CD6)
[オリジナル・プロデューサー]ハワード・H・スコット(1955年セッション、CD7、LP)
[リマスタリング・エンジニア]CD1~5[24bit/96kHzリマスター] マルティン・キストナー、マティアス・エッブ(ベルリンb-sharpスタジオ) CD7[DSDリマスター] アンドレアス・K・マイヤー
[LPプレス]チェコGZメディア


rss