【バンドの中心人物Gラヴ】
フィラデルフィア育ち。未婚の父。本名ギャレット・ダットン。好きなものは音楽(ソウル、ヒップホップ、ブルーズ、ジャズetc.)、ギター、ハーモニカ、サーフィン、寿司、レモネードなど。自らのバンド『Gラヴ&スペシャル・ソース』を率いて21歳でメジャー・デビュー。「ラグ・モップ」というヒップホップやブルーズを融合させた新しいスタイルを確立し、同時期にデビュー(またはブレイク)したベック、ベン・ハーパー、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンと共に新世代ブルーズ四天王として大きな話題となる。1998年、4作目「フィラデルフォニック」制作時に、Gラヴに多大なる影響を受けて音楽を始めたばかりの元プロ・サーファー、ジャック・ジョンソンとサーフィンに行ったことがきっかけで知り合い、良き友人となる。これはまさに運命の出会いとなり、ジョンソンがGラヴの為に作曲した『ロデオ・クラウンズ』をアルバムにフィーチャーしたことで、ジョンソンの名前は音楽業界に広まっていき、その後メジャー・デビューのきっかけともなる。その後、大ブレイクしたジャック・ジョンソンと共に「サーフ・ミュージック」シーンを牽引する第一人者のひとりとして脚光を浴び続けている。これまでに8作のオリジナル・アルバムとベストなど10作品をリリースしている。

【Gラヴ&スペシャル・ソースのバイオ】

米フィラデルフィア育ちの本名ギャレット・ダットンこと、Gラヴを中心に1993年結成。翌年アルバム『Gラヴ&スペシャル・ソース』でメジャー・デビュー。ブルースとヒップホップを融合させた「ラグ・モップ」というスタイルで、瞬く間に音楽シーンを賑わせ、ベックやベン・ハーパー、ジョン・スペンサー・ブルース・プロージョンと共に「新世代ブルース四天王」と評価されるほどの人気に。また99年に発表した4thアルバム『フィラデルフォニック』では、サーフィンを通じて知り合ったジャック・ジョンソンをいち早くフィーチャーした楽曲「ロデオ・クラウンズ」を収録。彼の才能を世界に知らせた。04年からはジャック主宰レーベル「ブラッシュファイアー」に移籍し、サーフ・シーンからの支持も獲得。日本においても、単独公演はもちろん、フジロックフェスティバルやグリーンルーム・フェスティバルにも出演し、熱狂的な盛り上がりを見せている。

 メジャー進出20年を迎えた2014年4月23日には、通算10作目(Gラヴ&スペシャル・ソース名義では7作目、ブラッシュファイアーからは5作目)となるオリジナル・アルバム『シュガー』をリリースする。